遊戯王カード考察:《青眼の白龍(ラッシュデュエル)》レジェンドカードというラッシュデュエルの制限カード枠

今回紹介するのはデッキ改造パック 超速のラッシュロード!!よりこのカードです。

 

 

カード説明

青眼の白龍
通常モンスター
レベル8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
高い攻撃力を誇る伝説のドラゴン。
どんな相手でも粉砕する、その破壊力は計り知れない。

遊戯王の代表モンスターの1つである光属性ドラゴン族のレベル8通常モンスターです。

皆さんご存知ブルーアイズホワイトドラゴンがラッシュデュエルにも登場です。

 

 

ビフォー

 

 

アフター

 

基本的な構図はOCGと同等ながら細部がより書き込まれています。

全体的な陰影が増していると同時に翼などが大きく描かれており

より迫力があるように感じられます。

フレーバーテキストもOCGそのまんまです。

遊戯王で一番有名なカードの1つであり今更細かい説明は不要でしょう。

 

ちなみに3月6日というのは青眼の白龍がOCGに登場した日であり

丁度同じ日にこのカードがまた発表されています。

 

 

レジェンドカードという存在

スポンサーリンク

 

OCGではレベル8の基準となる攻撃力3000ですが

ラッシュデュエルにおいてはカードパワーが全体的に抑え目に作られており

レベル8の基準となる攻撃力は連撃竜ドラギアスの2500と推測されます。

それを考えればこのカードの攻撃力はレベル8の基準をひとまわり上回るサイズです。

 

そんなブルーアイズですがラッシュデュエルでは「レジェンドカード」という区分に指定されています。

レジェンドカードとはデッキに1枚しか入れられないカードであり

OCGでいうところの制限カードに該当する存在ですが

制限カードは例えば死者蘇生とサンダーボルトのように別の制限カードを同時に採用できましたが

レジェンドカードは複数のレジェンドカードの中から1枚だけしか入れる事ができません。

デュエルリンクスをやっている人であればリミット1と同じ仕様だと言えば分かりやすいでしょう。

 

いずれにせよ「特別な強さを持った切り札」として最初から設定された存在と言えます。

元のブルーアイズと同じく特殊な効果の類は持ちませんが

攻撃力3000というシンプルな強さこそがこのカードの持ち味なのでしょう。

少なくとも同じ攻撃力の存在が現れるとすればそれは融合カードのような存在になるか

攻撃力を代償に何かしらのデメリットが付与されるか

もしくは同じレジェンドカードとしてでしょう。

ラッシュデュエルにおいては「どんな相手でも粉砕する」通りの存在として君臨するわけです。

 

こうしたレジェンドカードの存在はデッキ構築にも影響が及ぶと思われます。

ラッシュデュエルでは5枚までドローする関係で

デュエルが長引いた場合デッキの消費が激しく、デッキ切れの危険性を考えると

デッキ枚数を増やすメリットがOCG以上に高そうですが

こうした強力なレジェンドカードがあるのであれば

デッキ枚数を抑えてレジェンドカードを引きやすくする意義も生まれます。

 

こうなってくると他にどのようなレジェンドカードが出てくるかも気になる所ですね。

他に青眼の白龍クラスの攻撃力を持つモンスターが登場するのか

はたまた強力な効果を持っているのか、魔法罠のレジェンドカードなんかも今後出てきそうです。

アニメ的にも切り札的カードとして活躍していくのでしょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    モンスターだとブラマジ・レッドアイズ、魔法罠だとミラフォ・死者蘇生辺りですかね

タイトルとURLをコピーしました