遊戯王カード考察:《リカバリー・フォース》ラッシュデュエルにおけるデッキを補充する重要性

今回紹介するのはデッキ改造パック 超速のラッシュロード!!よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

リカバリー・フォース
通常魔法
【条件】自分の墓地のモンスター(魔法使い族)3体をデッキに戻して発動できる。
【効果】自分は1枚ドローする。

 

魔法使い族用のサポートとなる通常魔法です。

はぐれ使い魔が3匹集まりよりそうようにして涙を流しています。

はぐれ使い魔のフレーバーテキストに「仲間とはぐれて寂しい」と書かれていたので

仲間と再開できた事に喜びの涙を流しているのでしょう。

効果から考えるとこのあと3匹仲良くおうち(デッキ)へ帰るものだと思われます。

 

墓地の魔法使い族をデッキに戻す

スポンサーリンク

 

【条件】自分の墓地のモンスター(魔法使い族)3体をデッキに戻して発動できる。
【効果】自分は1枚ドローする。

その効果は墓地から魔法使い族3体をデッキに戻す事で1枚ドローするというものです。

1枚のカードを消費して1枚ドローする上に墓地のカードを3枚戻すのでデッキ圧縮としても機能しづらく

単純なドローカードとして、というよりは

「墓地の魔法使い族をデッキに戻す」事が主目的のカードだと言えるでしょう。

ラッシュデュエルにおいて蘇生カードの性能がどのような類かは不明ですが

デッキの主軸になるような魔法使い族があるのであれば

それをデッキに戻すことで再利用を狙う、というのが主な使い道になるでしょうか。

 

 

ですがそれ以上にラッシュデュエルにおいて重要だと思われるのが

「デッキ枚数を補充する」という点です。

ラッシュデュエルは5枚になるようにドローする関係で

OCGよりも手札の、そしてデッキの消費が激しいものとなりがちです。

短期決戦が成立すればそれで問題はありませんが勝負が拮抗状態になった場合には

デッキ切れの危険性も発生してくるでしょう。

そういった場合にこのカードで墓地の魔法使い族をデッキに戻し

デッキ切れの延命を図るというのはOCG以上に重要になってくると思われます。

 

今後出るカードプール次第ですが

なんとなくラッシュデュエルは「墓地を肥やす」よりも「デッキの消耗を減らす」の方が

戦術として重要になってきそうな気配がします。

そうなってくるならこのカードのような存在は重要になってくるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました