遊戯王カード考察:《魔救の救砕(アダマシア・リリーブ)》アダマシア版ゴッドバードアタック!フリーチェーン除去はやっぱり便利!

今回紹介するのはデッキビルドパック シークレット・スレイヤーズよりこのカードです。

 

 

カード説明

魔救の救砕
通常罠
①:自分フィールドの「アダマシア」モンスターを任意の数だけリリースし、
その数+1枚だけフィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

wiki

 

【アダマシア】用のサポートとなる通常罠です。

魔救の奇跡-レオナイトが黒いオーラを放つ結晶に襲い掛かっています。

カード名は恐らく「救済」と「砕く」をかけたものであり

何かよくない力に囚われた結晶を砕く事で中にいる存在を救出しようとしているのでしょう。

 

 

任意の数をリリースして発動できるゴッドバードアタック

 

その効果は自分の場のアダマシアモンスターを任意の数リリースする事で

リリースした数に+1した数のフィールドのカードを破壊できるというものです。

言うなればアダマシア版ゴッドバードアタックと言うべき効果で

そのまま1体だけリリースしてもフリーチェーンでの2:2交換が、

相手の除去に合わせてリリース・エスケープをすればそれ以上のアドバンテージを見込める事が可能です。

ゴッドバードアタックの存在を知っている人であれば

その有用性と利便性は推して知るべしといった所でしょう。

フリーチェーンで除去ができるカードというのはそれだけで便利です。

 

このカードの場合、ゴッドバードアタックと違い任意の枚数をリリースする事が可能であり

それに合わせた数の除去を行う事が可能です。

3つも4つも同時にカードを破壊したい状況というのはそうあるものではありませんが

それでも状況に応じて選択肢を変えられるというのは融通が利きます。

 

魔救の奇跡-レオナイトでデッキから手札に持ってこれるのもポイントです。

公開情報にとなり奇襲性は損なわれてしまいますが

それでも相手としてはこのカードが伏せられていると相当動きづらくなるでしょう。

勿論逆手に取って別のカードを伏せる心理戦もありです。

 

リリースするアダマシアとしてはシンクロ素材になりそびれた

メインデッキのアダマシアがフィールドに残っていれば丁度いいですが

シンクロのアダマシアも1度発動すればアドバンテージを取れる効果が多いので

1度でも発動できれば十分と割り切ってリリースしてしまうのもありでしょう。

元々【アダマシア】は継続的にアドバンテージを確保しやすいテーマなので

リリースしても再度シンクロ召喚するなりは充分に狙えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました