遊戯王カード考察:《風使いトルネ》ラッシュデュエルだと表示形式変更はかなり大事そう

今回紹介するのはラッシュデュエルスターターデッキ 遊我 -切り開け! セブンスロード!!-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

風使いトルネ
効果モンスター
星6/風属性/魔法使い族/攻1600/守1000
【条件】手札1枚を墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドのモンスター1体を選んで表示形式を変更する
(攻撃表示は表側守備表示に、守備表示は表側攻撃表示にする)

 

風属性魔法使い族のレベル6モンスターです。

白と淡い緑を基調とするローブをまとった白い布で顔を隠した赤毛の魔導士です。

鎌のような形状をした黄金の杖が特徴的です。

カード名の由来は「トルネード」からだと思われます。

 

 

手札1枚をコストに表示形式変更

スポンサーリンク

 

【条件】手札1枚を墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドのモンスター1体を選んで表示形式を変更する
(攻撃表示は表側守備表示に、守備表示は表側攻撃表示にする)

その効果は手札1枚を墓地へ送る事で

相手モンスター1体の表示形式を変更するというものです。

攻撃表示は表側守備表示に、守備表示は表側攻撃表示にすると

わざわざ丁寧な注釈がついているのがいかにも初心者に配慮している感じがしますね。

 

現在判明していると最上級モンスターを見てみると

セブンスロード・マジシャン、連撃竜ドラギアス、暁の勇者ライクダロスが守備力1500、

マックス・レイダーが守備力1400といずれも表示形式を変更する事で

攻撃力1600あるこのカードで戦闘破壊が可能になっています。

というよりどの最上級モンスターも全体的に守備力が低めな印象であり

このカードで突破できるような調整を意識しているように思われます。

いずれにせよ格上を撃破できると考えれば手札1枚を支払う価値は十分にあるでしょう。

 

またセットされたモンスターを無理やり攻撃表示にできるというのも大事なポイントです。

5枚ドロー&通常召喚が何度でもできるラッシュデュエルにおいては劣勢に立たされた時

「守備表示モンスターを3体セットして時間稼ぎをする」という戦術はかなり有効と思われ

そうなると攻撃側はダメージを与えるのに苦労するでしょう。

そんな時にこのカードで無理やり攻撃表示にして戦闘ダメージを与えるというのは

守りを固めた相手にダメージを稼ぐ手段の1つとして機能します。

 

総合すると格上相手にも格下相手にも仕事ができるモンスターという事であり

思った以上にバランスのよい上級モンスターだと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました