遊戯王カード考察:《黄金郷のガーディアン》初のレベル8罠モンスター!

今回紹介するのはデッキビルドパック シークレット・スレイヤーズよりこのカードです。

 

 

カード説明

黄金郷のガーディアン
永続罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードは発動後、通常モンスター
(アンデット族・光・星8・攻800/守2500)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。
自分フィールドに「黄金卿エルドリッチ」が存在する場合、
さらにフィールドの表側表示モンスター1体を選んで攻撃力を0にできる。
②:自分・相手のエンドフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「エルドリクシル」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

wiki

 

【エルドリッチ】用のサポートとなる罠モンスターの永続罠です。

白と青の体毛を持ち、そして体の一部が黄金となった獅子や虎に似た姿の獣です。

他の黄金郷罠モンスターはエルドリッチに操られた犠牲者といった趣ですが

このカードはあまり亡者っぽくありませんね。

犠牲者とかではなく最初からエルドリッチが作り上げた存在なのかもしれません。

 

エルドリッチがいるときに特殊召喚する事で相手モンスターを弱体化

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードは発動後、通常モンスター
(アンデット族・光・星8・攻800/守2500)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。
自分フィールドに「黄金卿エルドリッチ」が存在する場合、
さらにフィールドの表側表示モンスター1体を選んで攻撃力を0にできる。

①の効果はレベル8の通常モンスターとしてモンスターゾーンに特殊召喚するというものです。

いわゆる罠モンスターの一種でありエルドリッチがいる場合に特殊召喚する事で

表側表示のモンスター1体の攻撃力を0にする事が可能です。

何気にこの攻撃力低下、対象に取らないので効果こそ無効にしないものの

対象耐性を持っているような大型モンスターに対しても効果的です。

また上記のように特殊召喚した際の効果を持っているにも関わらず

このカード自体は通常モンスターとして扱う事も特徴です。

王者の看破の発動トリガーにしたり不要になった場合には

馬の骨の対価などでリリースする事もできます。

 

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:自分・相手のエンドフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「エルドリクシル」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

②の効果は1ターンに1度、お互いのエンドフェイズに墓地からこのカードを除外する事で

エルドリクシル魔法罠をフィールドにセットできるというものです。

罠モンスターの黄金郷永続罠が共通で持つ効果であり

黄金郷永続罠でエルドリクシル魔法罠をセットして

逆にエルドリクシル魔法罠で黄金郷をセットするというのを繰り返していくのが

【エルドリッチ】における基本戦術となります。

①の効果とは1ターンにどちらか片方しか使えないので

自分ターンには①の効果、相手ターンには②の効果といった風に使い分けるといいでしょう。

 

ランク8のエクシーズ召喚にも

【エルドリッチ】においては弱体化効果によって戦闘破壊の補助として機能してくれます。

黄金卿エルドリッチは自身の効果で攻撃力3500にまで達するので

積極的に相手に大ダメージを狙っていく事が可能です。

 

何気に罠モンスターとしては初のレベル8であり

ランク8のエクシーズ素材としても積極的に使っていく事が可能です。

素材として割り切るのであれば単体で活用するのもいいですし

黄金卿エルドリッチ自体も汎用性の高いカードなので一緒に出張させる事で

攻撃力を0にする効果も積極的に狙っていく事が可能です。

 

守備力も2500とそこそこあり

少なくとも下級モンスター相手であれば壁としても仕事してくれるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました