遊戯王カード考察:《呪われしエルドランド》毎ターンサーチが行える上に墓地コストとしても有用な主力カード

今回紹介するのはデッキビルドパック シークレット・スレイヤーズよりこのカードです。

 

 

 

カード説明

呪われしエルドランド
永続魔法
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分はアンデット族モンスターでしか攻撃宣言できない。
②:800LPを払って発動できる。
デッキから「エルドリッチ」モンスター1体または
「黄金郷」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
③:このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「エルドリッチ」モンスター1体または
「黄金郷」魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

wiki

 

【エルドリッチ】用のサポートとなる永続魔法です。

[ad]

全体が黄金で作られた煌びやかなお城です。

そんな中に禍々しく赤く渦巻く空だったり下半身が触手状の異形のアンデット兵士の黄金像など

煌びやかな中にも不気味さ、おぞましさを強く感じさせる造形になっています。

 

サーチしつつさらに墓地肥やしを

スポンサーリンク

 

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分はアンデット族モンスターでしか攻撃宣言できない。

①の効果は魔法罠ゾーンに存在する間

アンデット族でしか攻撃できない制約です。

基本的にアンデット族を中心としたデッキで活用するのは勿論の事、

エクストラデッキから特殊召喚する種族にも気を配る必要があります。

 

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:800LPを払って発動できる。
デッキから「エルドリッチ」モンスター1体または
「黄金郷」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、ライフを800払う事で

エルドリッチと名の付くモンスターか黄金郷と名の付く魔法罠を手札に加えるサーチ効果です。

現状エルドリッチと名の付くモンスターは黄金卿エルドリッチのみなので

実質的に黄金卿エルドリッチか黄金郷魔法罠をサーチする効果だと言えるでしょう。

黄金卿エルドリッチはテーマに置ける要となるカードであり

それをデッキから引っ張ってくることが可能です。

既にエルドリッチが手札や墓地にある場合には

各種黄金郷罠モンスターやカウンター罠の永久に輝けし黄金郷に繋げられると便利です。

 

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「エルドリッチ」モンスター1体または
「黄金郷」魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

③の効果は1ターンに1度、魔法罠ゾーンから墓地へ送られた場合に

エルドリッチと名の付くモンスターか黄金郷魔法罠を墓地へ送る墓地肥やし効果です。

黄金卿エルドリッチは墓地から回収しつつ手札から特殊召喚する効果を、

黄金郷魔法罠は永久に輝けし黄金郷を除き墓地から除外する事で

エルドリクシル魔法罠をセットする効果を持っている為どちらも有用です。

 

エルドリッチにおける要の1つ

【エルドリッチ】にとって主要なカードをサーチできる主力となってくる存在です。

ライフコストこそ必要としますがフィールドに残れば毎ターンサーチが行えますし

相手がこのカードを破壊してきたら破壊してきたで今度は墓地肥やしが出来ると隙の無い性能をしています。

墓地にエルドリッチがあれば②の効果を発動する為のコストとしても重宝します。

 

手札にも墓地にもエルドリッチがいない場合にはそれをデッキからサーチ、

手札にエルドリッチがあればエルドリッチの①の効果のコストとなる魔法罠をサーチ、

その後フィールドのこのカードをコストにエルドリッチを特殊召喚、

既に墓地にエルドリッチがあればやはりこのカードを特殊召喚の為のコストにしつつ

黄金郷のコンキスタードールや永久に輝けし黄金郷をセットして相手の展開を妨害する、

など様々な状況に応じた活躍をしてくれます。

 

ちなみにアンデット族しか特殊召喚できなくなる制約は

フィールドからこのカードがなくなれば問題なくなります。

前述の通りエルドリッチの効果で用意に墓地に送る事が出来るので

立ち回り次第ではアンデット族以外のカードも活用していけるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました