遊戯王カード考察:≪オルターガイスト・フィジアラート≫特殊召喚は複雑そうに見えて案外難しくありません

スポンサーリンク

今回紹介するのはPREMIUM PACK2020よりこのカードです。

 

 

カード説明

オルターガイスト・フィジアラート
効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1400/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在し、
「オルターガイスト」リンクモンスターが自分フィールドにリンク召喚された時、
そのモンスター以外のフィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを対象のモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
このターン、対象のモンスターは「オルターガイスト」モンスターとしても扱う。

wiki

 

【オルターガイスト】の新規となる水属性魔法使い族のレベル4モンスターです。

VRAINSにおいて別所エマがロボッピ戦で使用し

自身の効果でバトルドローン・ジェネラルのリンク先に特殊召喚しつつ

バトルドローン・ウォラントをオルターガイスト扱いにして

オルターガイスト・メモリーガントのリンク召喚へ繋げました。

アニメではこのカードを特殊召喚する為のリンクと

オルターガイスト扱いにする為のリンクを別々に設定できましたが

OCGではそれが出来なくなっています。

 

人形を思わせる姿に4本の脚が生えたようなオルターガイストです。

下半身にも口のような部分がありかなり異形の姿をしています。

名前の由来はドイツ語で妖精を意味する「フィー」+

コンピューターにおける警告や注意メッセージである「アラート」からでしょうか。

 

 

リンク先に特殊召喚されつつそのリンクをオルターガイスト扱いに

スポンサーリンク

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在し、
「オルターガイスト」リンクモンスターが自分フィールドにリンク召喚された時、
そのモンスター以外のフィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを対象のモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

その効果は1ターンに1度、オルターガイストリンクがリンク召喚された時に

そのオルターガイストリンク以外のリンク1体を指定、

そのリンク先に自身を特殊召喚するという自己展開効果です。

召喚条件が少し複雑ですが大まかに言えば

・リンクモンスターが存在している

・そのリンクモンスターのリンク先が残るようにオルターガイストリンクをリンク召喚する

以上の条件を満たす事でリンク召喚が可能となります。

手っ取り早いのは下方向に2つマーカーが向いているLINK-2を出しておき、

そのリンク先にオルターガイスト・キードゥルガーやヘクスティアを出す事でしょう。

こうすれば残ったリンク先にこのカードを特殊召喚する事が可能です。

 

このターン、対象のモンスターは「オルターガイスト」モンスターとしても扱う。

そしてこの効果の為に選択したリンクモンスターを

そのターンの間オルターガイストとして扱う事が可能です。

これによりオルターガイストリンクの為の素材にしたり

オルターガイスト・プロトコルやオルターガイスト・キードゥルガーでのサポートが可能となります。

LINK-2のリンク先に特殊召喚していればこのカードと合わせて

オルターガイスト・プライムバンシーのリンク召喚が、

さらにもう1体オルターガイストを用意すればメモリーガントのリンク召喚も狙えます。

 

他のモンスターをオルターガイストに混ぜたい場合に

スポンサーリンク

 

このカードを特殊召喚するにはオルターガイストリンクと別のリンクをそれぞれ用意する必要があります。

中々面倒に想えますがLINK-2を用意するのであれば黄泉ガエルが墓地にあれば

リンクリボーを経由する事で手札消費も召喚権もなしで繋げる事が出来るので

あとは普通にオルターガイストリンクを出せばよくそこまで難しくはありません。

リンク素材の縛りのきつい【オルターガイスト】にとって

他のリンク素材に活用しやすいモンスターを混ぜやすくする潤滑油となってくれる存在となるでしょう。

 

また攻撃力1500以下の水属性なのでサルベージに対応しています。

同じく水属性のオルターガイストにはメリシュークが存在しており一緒に採用する事で

【オルターガイスト】によりサルベージを投入しやすくなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました