遊戯王カード考察:≪ペンデュラム・シフト≫モンスターゾーンからPゾーンへ!結構いろいろな使い方があります

今回紹介するのはPREMIUM PACK2020よりこのカードです。

 

 

カード説明

ペンデュラム・シフト
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドのPモンスターを2体まで対象として発動できる。
その自分のPモンスターを自分のPゾーンに置く。

wiki

 

ペンデュラム用のサポートとなる通常魔法です。

漫画版ARC-Vにおいてユーゴが蓮戦で使用し

SRパッシングライダーとSRドミノバタフライをペンデュラムゾーンへ移動、

ペンデュラム召喚に繋げました。

 

眩い光と共に遊矢のペンダントと2枚のカードが映し出されています。

ペンダントの力でモンスターゾーンからPゾーンに移動させてるイメージなんでしょうか。

 

 

ペンデュラムをモンスターゾーンからペンデュラムゾーンへ

スポンサーリンク

 

その効果は1ターンに1度、

自分モンスターゾーンのペンデュラムを2体まで選択して

それらをPゾーンに置くというものです。

同じくモンスターゾーンのペンデュラムをPゾーンに置けるカードとしてペンデュラム・スイッチがありますが

あちらが繰り返し使えてPゾーンからモンスターゾーンに移動させる事も出来る代わりに

こちらは通常魔法故にすぐ発動でき、何より2枚同時に移動させる事が可能です。

 

単純に手札のモンスターをPゾーンに移動させるのであれば

最初からPゾーンにセットすればいい話でありこのカードを使うのであれば

・モンスター効果を発動させた後にPゾーンに移動させたい場合

・デッキや墓地から特殊召喚したペンデュラムをPゾーンに移動させたい場合

主にこのどちらかの目的で活用していく事になるでしょう。

前者の場合例えば各種マジェスペクターやEMドクロバット・ジョーカー、音響戦士ギータスなど

召喚成功時に効果を発揮するペンデュラムをPゾーンに移動させたい場合に便利です。

魔装邪龍イーサルウェポンなどは上手くいけばモンスター効果とP効果で

それぞれの除去を発動する事もできるでしょう。

 

後者の場合はレスキューキャットや魔獣の懐柔など

2体以上を同時にデッキから特殊召喚出来るカードと組み合わせると活用しやすいです。

獣軸主体のエンタメイトなどであれば活用できる機会も結構あるでしょう。

 

あとはペンデュラムエクシーズなど破壊されなければPゾーンに置けないモンスターを

すぐさまPゾーンへ移したい場合にも活用が可能です。

毎ターンEXデッキからDDDエクシーズを特殊召喚できるDDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン、

融合、シンクロ、エクシーズの動きを大幅に制限できる覇王龍ズァークなどは

状況次第でPゾーンに移動させる価値も高いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました