遊戯王カード考察:≪魔救の追求者(アダマシア・シーカー)≫他の仲間に比べると地味?いやいや十分強いです

今回紹介するのはデッキビルドパック シークレット・スレイヤーズよりこのカードです。

 

 

カード説明

魔救の追求者
チューナー・効果モンスター
星2/地属性/岩石族/攻1200/守1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「魔救の追求者」以外の「アダマシア」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

wiki

 

【アダマシア】に属する地属性岩石族のレベル2チューナーです。

金色の槍をリュックに差し込んだいかにも主人公属性な青髪の少年です。

多数の結晶のある洞窟へと足を運びそれを掘り当てているのでしょう。

額当てが光ってますがこれはヘッドライト代わりのマジックアイテムでしょうか。

 

 

他のアダマシアがいる時に自己展開可能

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「魔救の追求者」以外の「アダマシア」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

自分の場に同名カード以外のアダマシアモンスターが存在する場合に

手札から特殊召喚できる自己展開効果です。

現在確認できるアダマシアはいずれも岩石族であり

岩石族全般で同じ条件で特殊召喚できる魔救の探索者のほぼ下位互換といっていい効果ですが

【アダマシア】であれば問題なく機能する特殊召喚条件ですし

素の攻撃力はこちらの方が高いので完全な下位互換というわけでもありませんし

相手にDNA改造手術などを使われた場合にはこちらが有利に働くケースもあります。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

②の効果は1ターンに1度、デッキの上からカードを5枚めくり

その中にチューナー以外のレベル4以下の岩石族がいれば

そのうち1体を特殊召喚できるリクルート効果です。

チューナーのアダマシアが共通で持つ効果であり

レベル4の岩石族を特殊召喚すれば

魔救の奇跡-レオナイト魔救の奇跡-ラプタイトなどのレベル6シンクロに繋げられます。

 

 

アダマシアのチューナーの中では一番パッとしない印象のある不遇な主人公ですが

共通効果の時点で文句無しに優秀なカードあり

【アダマシア】であれば他のチューナー共々デッキの核になってくれる存在です。

コメント

  1. 匿名 より:

    女の子の方はSRですからね。

タイトルとURLをコピーしました