遊戯王カード考察:≪グッサリ@(アット)イグニスター≫アタッカーにしてもよし!墓地に落としてリンクサポートに徹してもよし!

スポンサーリンク

今回紹介するのは本日2月7日に発売されるMASTER GUIDE 6の付属としてついてくるこのカードです。

 

 

 

カード説明

グッサリ@イグニスター
効果モンスター
星8/地属性/サイバース族/攻3000/守3000
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:リンクモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分のリンクモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
③:自分のリンクモンスターが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
そのお互いのモンスターの攻撃力は3000になる。

wiki

 

【@イグニスター】の新規となる地属性サイバース族のレベル8モンスターです。

VRAINSにおいてAiがプレイメーカー戦で使用し墓地から除外される事で

ジ・アライバル・サイバース@イグニスターとアクセスコード・トーカーを相打ちに持ち込み

さらにダークナイト@イグニスターの蘇生に繋げました。

OCG化に伴い蘇生効果が削除された代わりに全体的に効果が使いやすく調整されています。

黒、金、赤を基調とする巨大な剣を握りサンライズ立ちをする白い人型の@イグニスターです。

アニメで登場した時も同様のサンライズ立ちをしていましたが

こちらはイラストとは左右逆の構図となっています。

 

フィールドと墓地それぞれでリンクモンスターをサポート

スポンサーリンク

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:リンクモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、リンクモンスターが戦闘破壊された時に

自身を手札から特殊召喚する自己展開効果です。

自分のリンクモンスターが破壊される場合は勿論の事、相手リンクを戦闘破壊してもOKであり

リンク召喚デッキが相手であれば飛躍的に特殊召喚出来る機会は増えるでしょう。

 

能動的に破壊するのであれば自分のリンクを自爆特攻させるのも1つの選択肢です。

バックアップ・スーパーバイザーのように破壊される事で効果を発動できるリンクであれば

より無駄なく特殊召喚が狙えるでしょう。

ROMクロウディアやドヨン@イグニスターなどで墓地からこのカードを回収して

それを素材にしてLINK-1に、さらにセキュア・ガードナーに繋げて自爆特攻すれば

実質的に手札1枚、ダメージ0でこのカードを特殊召喚する事も可能です。

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分のリンクモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

②の効果は1ターンに1度、自分のリンクが相手モンスターを戦闘破壊した時に

その破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与えるバーン効果です。

ヴァレルソード・ドラゴンなど戦闘で強いリンクと相性がよく

攻撃力3000のこのカードで畳みかけるように攻撃する事が出来れば

より大きなダメージを狙っていく事ができるでしょう。

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:自分のリンクモンスターが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
そのお互いのモンスターの攻撃力は3000になる。

③の効果は1ターンに1度、

このカードが墓地に存在している状態で自分のリンクが相手モンスターと戦闘する時に

自身を除外する事でお互いの攻撃力を3000にする攻撃力変動効果です。

攻撃力の低いリンクであっても相手モンスターと相打ちに持ち込むことが可能であり

このカードが墓地にあるだけで相手はこちらのリンクを一気に攻撃し辛くなるでしょう。

こちらも戦闘破壊される事で効果を発動できるリンクを相打ちさせる事で

そちらの効果を発動する事も可能でありより無駄がありません。

攻撃力分のバーンダメージを与えられるファイアフェニックス@イグニスターを使うのもいいでしょう。

 

直接墓地に落とすのもあり

スポンサーリンク

 

フィールドと墓地、それぞれでリンクモンスターをサポートしてくれるカードであり

【@イグニスター】に限らずリンクモンスターを積極的に活用するデッキ全般で有用です。

メインデッキに入るサイバース族の中では特殊召喚モンスターである双星神 a-vidaを除き

攻撃力3000という最高峰の攻撃力を有しているので

単純にアタッカーとして活用するだけでも十分に有用です。

特殊召喚するのが難しいと感じるデッキであれば

③の効果目当てでブルル@イグニスターなどで直接墓地へ落としてしまうのもいいでしょう。

 

 

ガッチリ@イグニスターもそうですがヒヤリ@イグニスターの②の効果でサーチが可能です。

8という高いレベルは儀式召喚のコストとしても有用に働いてくれるでしょう。

特にこのカードは墓地へ送られれば③の効果へ繋げられるのでより無駄がありません。

コメント

  1. 匿名 より:

    @イグニスターだとメインに入るレベル5以上というのがデカいです。儀式を1枚ずつ採用している場合、リヴァイアサンを素引きしてしまうと儀式のサーチに困ってしまうので、こちらをサーチしつつAiの儀式を加えられるのは大きいですね。ピカリでのサーチは勿体ない気がして・・・

  2. 匿名 より:

    ジ・アライバルの戦闘時に使えば相手だけ3000になるのかな?

タイトルとURLをコピーしました