遊戯王カード考察:≪ネメシス・コリドー≫このカードの特殊召喚=超雷龍の特殊召喚!色んなテーマに出張できる!

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

ネメシス・コリドー
効果モンスター
星4/風属性/雷族/攻1900/守 600
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。
②:「ネメシス・コリドー」以外の除外されている
自分の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

wiki

 

【ネメシス】に属する風属性雷族のレベル4モンスターです。

ハーピィのような見た目をした緑色のネメシスです。

コリドーとは「通路」や「細長い形状」といった意味の言葉です。

全体的に細身な事からそう名付けられているのかもしれませんね。

 

 

除外されたネメシスを手札に

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。

①の効果は1ターンに1度、

同名カード以外の除外されているモンスターをデッキに戻して

自身を特殊召喚する自己展開効果です。

下級のネメシスが共通で持つ効果であり

ある程度モンスターを積極的に除外するデッキであれば問題なく召喚条件を満たせます。

ただこのカードの場合②の効果の兼ね合いもあるので

そちらの方も考慮して効果を発動する必要があるでしょう。

アークネメシス・プロートルやエスカトスは一気に複数体のモンスターを除外できるので

墓地さえ肥えていれば両方の条件を満たしやすいでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:「ネメシス・コリドー」以外の除外されている
自分の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、

同名カード以外の除外されているネメシス1体を手札に加えるというものです。

【ネメシス】であればプロートルやエスカトスで除外したネメシスを回収するのが基本となってくるでしょう。

その他には封印の黄金櫃でデッキから除外してこちらの効果ですぐさま回収したり

妖精伝姫-シラユキのコストで他のネメシスを除外したりするのもいいでしょう。

 

 

サンダー・ドラゴンやスピード・ロイドなどにも

スポンサーリンク

 

他のネメシスの例に盛れずこのカードも除外を積極的に活用するのであれば

様々なデッキに投入できる高い出張性を持っています。

このカードはレベル4なのでランク4エクシーズをメインとするデッキにも採用でき

風属性なので電光千鳥のエクシーズ素材としても活用しやすいです。

その他にも風属性メインで除外を積極的に活用するテーマ、

例えばスピードロイドや音響戦士あたりにも混ぜやすいでしょう。

 

また雷族かつ①の効果が手札から発動して特殊召喚するタイプであり

このカードが特殊召喚する事がイコールで超雷龍-サンダー・ドラゴンを特集召喚できる事にも繋がります。

元々【サンダー・ドラゴン】が除外を積極的に活用するテーマなのでこちらに採用する事も出来る他、

それ以外のデッキでもこのカードと超雷龍-サンダー・ドラゴンをセットで出張させる価値は高いでしょう。

 

ただ他の下級ネメシスと比べると②の効果が少し活かしづらくなっています。

活かすのであればプロートスやエスカトスと一緒に出張させつつ

これらを除外する手段を用意しておくといいでしょう。

これらは光属性と闇属性なのでカオス系のカードが活かせます。

コメント

  1. 匿名 より:

    ドラグーンが大きく目立っていますけど、特にテーマを組む事なく超雷龍を出張させられるこのカードも中々にアウトな気もします

タイトルとURLをコピーしました