遊戯王カード考察:≪コードブレイカー・ウイルスバーサーカー≫相互リンクで出して大量展開と除去を狙え!

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

コードブレイカー・ウイルスバーサーカー
リンク・効果モンスター
闇属性/戦士族/攻2800/LINK-3
【リンクマーカー:上/右/下】

←  

「コードブレイカー」モンスターを含むモンスター2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した時、
このカードが相互リンク状態の場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「コードブレイカー」モンスターを2体まで選び、
リンクモンスターのリンク先となる自分・相手フィールドに特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
自分・相手フィールドのリンク状態の「コードブレイカー」モンスターの数まで、
相手フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。

wiki

 

【コードブレイカー】に属する闇属性戦士族のLINK-3です。

VRAINSにおいて草薙翔一がプレイメーカー戦で使用し

その効果でゼロデイ2体をデコード・トーカーのリンク先に特殊召喚、

あちらの弱体化効果に繋げました。

アニメでは自己蘇生効果を持ちまたバーン効果も持っていましたがOCG化に伴い削除、

代わりに全体的な効果の条件が緩くなっています。

 

上半身に対して下半身が貧弱な全身に鎧を纏った戦士です。

肩に当たる部分にウイルスと思われるものを格納しており両手から瘴気を放っています。

 

最大2体のコードブレイカーを蘇生

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:上/右/下】
「コードブレイカー」モンスターを含むモンスター2体以上

リンク素材は2体以上のモンスターでうち1体はコードブレイカーを指定しています。

効果から考えても【コードブレイカー】で活用するのが基本となりますが

コードブレイカー・ウイルスソードマン自体は素材縛りの非常に緩いLINK-2なので

リンク召喚するだけであれば様々なデッキで可能です。

そもそも【コードブレイカー】は他のカードを混ぜるのが基本となるので

実質的に素材指定が緩いのは非常に助かります。

 

リンクマーカーは↑、→、↓となっています。

配置自体はEX、メインモンスターゾーンどちらでも活用できるものですが

効果の関係上出来るだけ相互リンクの状態で出すのが望ましく

メインモンスターゾーンに出すのが基本となるでしょう。

真価を発揮したい場合斜め下と下方向にマーカーを持つリンクの真下に出す事を推奨します。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した時、
このカードが相互リンク状態の場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「コードブレイカー」モンスターを2体まで選び、
リンクモンスターのリンク先となる自分・相手フィールドに特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、相互リンクとなるように特殊召喚した場合に

リンクモンスターのリンク先にコードブレイカーを最大2体、

手札と墓地から特殊召喚出来るというものです。

ウイルスソードマンをより強化したような効果ですが

あちらと違いデッキからの特殊召喚はできなくなっています。

まず事前にウイルスソードマンをリンク召喚した後にあちらの効果でゼロデイを特殊召喚、

2体を素材にこのカードを出せば自然と墓地に2体のコードブレイカーが揃っているでしょう。

 

自分の場に2体のコードブレイカーを出したい場合、

あらかじめ左下と下方向にマーカーを持つリンクモンスターをEXモンスターゾーンに出しておき、

その真下にこのカードを特殊召喚する事で条件を満たせます。

LINK-2で条件を満たせるものはいくつかありますが汎用で出せるカードは現在ないので

それらをリンク召喚する為のモンスターを別途用意するか

LINK-3であればトラフィックゴーストが条件を満たせるので

このカードとは別にLINK-3を出す布陣を整える必要があります。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
自分・相手フィールドのリンク状態の「コードブレイカー」モンスターの数まで、
相手フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。

②の効果は1ターンに1度、

お互いの場に存在するリンク状態になっているコードブレイカーの数まで

相手の魔法罠を選んで破壊できるというものです。

①の効果で2体のコードブレイカーを特殊召喚出来ていれば3枚、

1体の特殊召喚でも2枚のカードが破壊できるので魔法罠除去としては優秀です。

何気に対象に取らない破壊なのもポイントで

相手がチェーンして魔法罠を発動した場合でも別の魔法罠の破壊に切り替えられます。

 

 

うまくいけば様々なリンク召喚が狙えます

スポンサーリンク

 

リンク先の確保さえできればゼロデイとウイルスソードマンをそれぞれ蘇生可能です。

②の効果で魔法罠を破壊しつつこれらを素材に更なるリンク召喚を狙っていく事が可能です。

美味くウイルスソードマンから繋げる事が出来ればLINK-2モンスター2体から

LINK-2とLINK-3、そしてこのカードで蘇生させた2体が揃う事になります。

ゼロデイとウイルスソードマンであれば合計リンク数は8にもなるので

様々なリンク召喚が狙えるでしょう。

 

ちなみにこのカード自体の攻撃力は2800とLINK-3の中でも高めで

蘇生できるウイルスソードマンの攻撃力も2300あります。

状況によってはそのまま総攻撃をしかけるのもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました