遊戯王カード考察:≪報復の隠し歯≫アーティファクトと相性抜群な孤高なる鮫の流儀!

今回紹介するのはPREMIUM PACK2020よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

報復の隠し歯
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
①:自分または相手のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。
自分フィールドにセットされているカード2枚を選んで破壊し、その攻撃を無効にする。
さらに、この効果で破壊され墓地へ送られたカードの中にモンスターカードがあった場合、
その内の1体を選ぶ。
選んだモンスターの守備力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊し、
その後このターンのエンドフェイズになる。

wiki

 

汎用の速攻魔法です。

漫画版ZEXALにおいて神代凌牙が八雲興司戦で使用し

その効果でNo.23 冥界の霊騎士ランスロットを破壊しました。

 

この時凌牙はソリッドビジョンで作り出したギザギザの剣で

ランスロットを直接自分の手でぶった切りつつ

「やられたらやり返す!それが孤高なる鮫の流儀だ!」

極めてハイテンションなセリフを発しており漫画版ZEXALでも屈指のネタシーンとなっています。

 

イラストでは成金ゴブリンにこき使われていると思われるゴブリンが

その手にフランベルジュのような刃のナイフを持って報復の機会をうかがっています。

こういった波打った形状の刃は傷口が治りにくいという特徴があります。

つまりはできるだけ成金ゴブリンを苦しませるように考えているわけで

このゴブリンは相当恨んでいる事が伺えます。

 

 

相手の攻撃を防ぎつつ強制的にエンドフェイズに

スポンサーリンク

 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
①:自分または相手のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。
自分フィールドにセットされているカード2枚を選んで破壊し、その攻撃を無効にする。

その効果は1ターンに1度、自分か相手の攻撃宣言時に

自分のセットされているカード2枚を破壊しつつその攻撃を無効にするというものです。

速攻魔法故に自分のモンスターの攻撃を無効にする事も出来ますが

基本的には相手ターンに相手の攻撃に対して使う事になるでしょう。

 

 

さらに、この効果で破壊され墓地へ送られたカードの中にモンスターカードがあった場合、
その内の1体を選ぶ。
選んだモンスターの守備力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊し、
その後このターンのエンドフェイズになる。

それだけだとただチェーン不可なだけのコストを2枚も必要とする防御カードですが

破壊したセットカードにモンスターが存在する場合、

そのうちの1体の守備力以下の相手モンスターを全て破壊しつつ

強制的にエンドフェイズにするという豪華特典がついてきます。

上手くいけば相手モンスターを根こそぎ破壊した上でエンドフェイズにするので

チェーン不可と相まって相手の場をがら空きにした上でこちらのターンに持ち込む事が可能です。

 

破壊される事で発動するカードと組み合わせて

スポンサーリンク

 

特に【アーティファクト】との相性が抜群で

相手ターンに発動すればセットしたアーティファクトを破壊して特殊召喚に繋げる事が可能であり

召喚権を使ってモンスターをセットせずとも

モンスターを破壊した場合の効果の発動トリガーとして機能します。

何よりも相手は迂闊にこちらのセットカードを破壊出来ない為に効果の発動を狙いやすいです。

アーティファクトには守備力2500のアーティファクト-アイギスがいる為

相手モンスターを破壊できる範囲も広いのもポイントです。

 

それ以外でもクリッターなどの破壊された場合や

墓地に送られた場合に発動する効果持ちのモンスターをセットしておけば

セットカード2枚を破壊する事による損失を抑える事が可能です。

片方は魔法罠でも問題ない為、Z-ONEや荒野の大竜巻、

各種破械魔法罠を破壊して効果発動のトリガーにする手もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました