遊戯王カード考察:≪コマンド・リゾネーター≫序盤だとコストが必要なのもむしろメリットになりうる

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

カード説明

コマンド・リゾネーター
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札から「リゾネーター」モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキからレベル4以下の悪魔族モンスター1体を手札に加える。

wiki

 

リゾネーター用のサポートとなる速攻魔法です。

ダーク・リゾネーターが音叉を共鳴させ

血涙のオーガ、マッド・デーモン、バイス・バーサーカーが駆けだしています。

カード名を考えるとダーク・リゾネーターが彼らの指揮をしているのでしょう。

 

リゾネーターをコストに悪魔族サーチ

スポンサーリンク

 

その効果は1ターンに1度、手札からリゾネーター1体を捨てる事で

レベル4以下の悪魔族をデッキから手札に加えるサーチ効果です。

2:1交換であり1枚分のディスアドバンテージが発生するものの

サーチできる範囲がレベル4以下の悪魔族全般とかなり広いです。

速攻魔法故に相手ターンにサーチを行う事も可能であり

大ダメージを食らうといった時に咄嗟にバトルフェーダーをサーチするという芸当も可能です。

 

【リゾネーター】では特にレッド・スプリンターと相性がよく、

手札として捨てたリゾネーターをそのまま蘇生してシンクロ召喚へ繋げられます。

この時クリムゾン・リゾネーターを手札コストとして墓地へ送る事が出来れば

レッド・ライジング・ドラゴンを経由して

スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴンのシンクロ召喚にまで繋げる事が可能です。

特に墓地の肥えていない序盤であれば手札コストがむしろありがたいレベルとなるでしょう。

 

その他特定の悪魔族をサーチしたいデッキにリゾネーターを出張させる事も考えられます。

【ダイーザメタビート】では核となるダイーザのサーチに繋げられる為

1枚のディスアドバンテージがあったとしてもサーチする価値は高いでしょう。

いざという時には百万喰らいのグラットンのサーチも可能です。

その他デッキの核になるカードとしては儀式召喚における儀式魔人リリーサー、

【ダストン】におけるハウスダストン、【クリボー】におけるクリボーン、

【呪眼】における呪眼の死徒サリエルあたりが思いつく所でしょうか。

コメント

  1. 匿名 より:

    イラストのダーク・リゾネーター、血涙のオーガ、マッド・デーモン、バイス・バーサーカー……奇しくも全員アニメでジャックが使ったカード&このカードでサーチ可能

    ファンとしては中々ニクいカードだ

タイトルとURLをコピーしました