遊戯王カード考察:≪剛鬼(ごうき)アイアン・クロー≫剛鬼用のコンバットトリック!共通効果も持ってます

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

カード説明

剛鬼アイアン・クロー
効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻1000/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の「剛鬼」モンスターが
相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターはターン終了時まで、攻撃力が500アップし、
相手の効果を受けない。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼アイアン・クロー」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

wiki

 

【剛鬼】のニューフェイスとなる地属性戦士族のレベル2モンスターです。

VRAINSにおいてGo鬼塚がAi戦で使用し

ダークナイト@イグニスターの攻撃に合わせて

剛鬼ザ・マスター・オーガの強化と耐性付与の目的で使用されましたが

残念ながらAi打ちによってザ・マスター・オーガは撃破されてしまっています。

 

ガンダムファイト国際条約第一条!

頭部を破壊された者は失格となる!

羊のような角を持つ黒いスーツの剛鬼がこちらに向けて鋭い爪を伸ばしています。

アイアンクローとは相手の頭部を片手で掴み上げて締め上げるプロレス技の一種で

正式名を「ブレーン・クロー」と言います。

アメリカのプロレスラー、フリッツ・フォン・エリックを開祖とする技で

彼が使うアイアンクローは握力200キロにも達したと言われています。

 

 

戦闘する剛鬼を強化しつつ耐性付与

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の「剛鬼」モンスターが
相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターはターン終了時まで、攻撃力が500アップし、
相手の効果を受けない。

①の効果は1ターンに1度、剛鬼が相手モンスターを戦闘を行う際、

ダメージステップの開始時からダメージ計算前までの間に手札から墓地へ送る事で

そのターンその剛鬼の攻撃力を500アップしつつ相手の効果を受けない完全耐性を付与するというものです。

攻撃力差をまくるには十分な上昇量がある他、完全耐性も付与できる為

コンバットトリックとしてだけでなくこちらから攻撃する場合にも重宝します。

ただ発動タイミングが「ダメージステップ開始時からダメージ計算前まで」と指定されており

攻撃宣言時に発動する罠、例えば聖なるバリア -ミラーフォース-などは防げない点には注意です。

ハノイの崇高なる力には無力なのです。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼アイアン・クロー」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、フィールドから墓地へ送られた場合に

同名カード以外の剛鬼と名の付くカードをデッキから手札に加えるサーチ効果です。

多くの剛鬼が共通で持っている効果であり【剛鬼】の持久力に直結する優秀な効果です。

1ターンに1度の制約がある関係でカードの種類が多ければ多いほど

1ターンに発動できる回数が増える為単純に持っているモンスターが増えるのがありがたいです。

あくまでフィールドから墓地へ送られる必要がある為

①の効果では発動しない点には注意しましょう。

 

心理戦は大事

スポンサーリンク

 

剛鬼モンスターの中でも手札に握っておきたいカードの1つであり

美味く相手モンスターの攻撃を返り討ちにできれば理想的です。

ただ相手にこのカードを持っている事を気付かれてしまうとそれも狙いづらくなってしまいます。

【剛鬼】では簡単にこのカードをサーチしてくる事ができますが

あえてサーチせず「このカード持ってるかも・・・」と疑心暗鬼にさせる事も戦術です。

コメント

  1. 匿名 より:

    ハノイの崇高なる力に破れた鬼塚だからこそ、メインで誘発してかせめて攻撃宣言時から耐性を付けて欲しかったという思いもあります。

タイトルとURLをコピーしました