遊戯王カード考察:≪ネメシス・フラッグ≫除外を多用するデッキに他のネメシスと合わせてどうぞ

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

カード説明

ネメシス・フラッグ
効果モンスター
星2/炎属性/炎族/攻1100/守 200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「ネメシス・フラッグ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。
②:自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「ネメシス・フラッグ」以外の「ネメシス」モンスター1体を手札に加える。

wiki

 

【ネメシス】に属する炎属性炎族のレベル2モンスターです。

独特な形状の槍を持つケンタウロスに近いみたい目をしたネメシスです。

フラッグという名前の通りに槍からまるで旗のように炎が靡いています。

下級のネメシスに共通していえる事ですが

頭部に当たる青い球体がなんとも無機質で不気味な印象を与えます。

 

 

デッキからネメシスをサーチ

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「ネメシス・フラッグ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。

①の効果は1ターンに1度、

同名カード以外の除外されている自分モンスターをデッキに戻しつつ

自身を手札から特殊召喚する自己展開効果です。

下級のネメシスが共通で持つ効果であり墓地で除外して効果を発動するモンスターを活用する事で

容易に特殊召喚条件を満たす事が可能です。

【ネメシス】であればアークネメシス・エスカトスやプロートルで除外する事で条件を満たせますが

まずその為にはある程度墓地を肥やす必要があるので

墓地肥やし用のカードや他に除外効果を持ったカードを併用した方がよいでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「ネメシス・フラッグ」以外の「ネメシス」モンスター1体を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、

デッキから同名カード以外のネメシスを手札に加えるサーチ効果です。

下級ネメシスの中でも事前準備がいらない特に使いやすい効果であり

墓地が肥えていればそのままアークネメシスに繋げる事が出来ますし

まだ準備が不完全であれば下級ネメシスをサーチして一緒に並べていく事もできます。

 

 

真炎の爆発にも対応しています

スポンサーリンク

 

下級ネメシスの中ではレベルも攻撃力も最も低いですが

その分効果は一番使いやすくなっており

レベルもステータスもリンク素材にする分には特に問題がありません。

除外をよく用いるデッキであれば他のネメシスと合わせて出張もさせやすいです。

他の下級ネメシスにも言える事ですが特にD-HERO ディアボリックガイとは相性がよく

除外したディアボリックガイをデッキに戻す事で発動回数を増やす事が可能です。

 

また守備力200の炎属性という事で真炎の爆発にも対応しています。

同じく真炎の爆発に対応するモンスターが多く除外も多用するラヴァルには特に混ぜやすいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました