遊戯王カード考察:≪コードブレイカー・ウイルスソードマン≫何気に汎用LINK-2トップクラスの攻撃力!

スポンサーリンク

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

コードブレイカー・ウイルスソードマン
リンク・効果モンスター
闇属性/戦士族/攻2300/LINK-2
【リンクマーカー:上/下】

←   →

効果モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した時、
このカードが相互リンク状態の場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「コードブレイカー・ゼロデイ」1体を選び、
リンクモンスターのリンク先となる自分・相手フィールドに特殊召喚する。
②:このカードが相手によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

wiki

 

【コードブレイカー】に属する闇属性戦士族のLINK-2です。

VRAINSにおいて草薙翔一がプレイメーカー戦で使用し

その効果でデコード・トーカーのリンク先にコードブレイカー・ゼロデイを特殊召喚、

デコード・トーカーの弱体化に繋げました。

アニメでは弱体化効果とバーン効果を持っていましたがOCG化に伴い削除された代わりに

その他の効果が使いやすくなりまたリンク素材も緩くなっています。

 

右手に剣を持ち、左手から禍々しい瘴気を放つ仮面マントです。

コンピューターウイルスと同時に毒を操る暗殺者をイメージしたモンスターなのかもしれません。

 

 

相互リンク状態で特殊召喚する事でゼロデイも一緒に出せる

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:上/下】
効果モンスター2体

リンク素材には効果モンスター2体を指定しています。

非常に緩い素材指定でありモンスターを2体並べられるデッキであれば問題なく出せるでしょう。

 

リンクマーカーは上下にそれぞれ存在します。

このカードは相互リンクになるように特殊召喚する事が重要であり

できるだけ下方向にマーカーを持つリンクモンスターと合わせて活用したい所です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した時、
このカードが相互リンク状態の場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「コードブレイカー・ゼロデイ」1体を選び、
リンクモンスターのリンク先となる自分・相手フィールドに特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、相互リンク状態になるように特殊召喚した場合に

手札、デッキ、墓地のいずれかからコードブレイカー・ゼロデイを

自分、相手問わずリンクモンスターのリンク先に特殊召喚するというものです。

コードブレイカー・ゼロデイはリンク状態のカードを弱体化する効果を持っており

相手のリンク先に特殊召喚すれば実質的な弱体化として機能します。

このカード自体の攻撃力が2300とLINK-2にしては高めであり

弱体化と合わせて3300打点まで戦闘破壊が可能となります。

 

自分のリンク先に特殊召喚した場合自分のリンクが弱体化してしまう為

その場合はさっさとリンク素材にするなりした方がいいでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが相手によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

②の効果は1ターンに1度、相手によって破壊された場合に

エンドフェイズに自身を墓地から特殊召喚する自己蘇生効果です。

発動タイミングはエンドフェイズと遅めですが相手ターンに破壊された場合には

そのまま自分のターンとなる為各種素材として利用しやすいです。

またこの際にも相互リンクとなるように特殊召喚する事で

①の効果でゼロデイを特殊召喚する事が可能です。

フィールドから離れてしまうと除外されてしまうので基本的に1回限りとなりますが

闇次元の解放や竜嵐還帰などで再利用する手もあります。

 

左下と下方向にマーカーを持つリンクと組み合わせて

スポンサーリンク

 

原作のように相手が上方向にマーカーを向けてくれるリンクが相手であれば単体でも機能するカードですが

基本的には自分リンクのリンク先にゼロデイを出して一緒にウイルスバーサーカーをリンク召喚、

そこからさらにこのカードとゼロデイを蘇生というのが【コードブレイカー】の基本戦術となってきます。

その為に必要となるのが下側ともう1つ自分側にマーカーのあるリンク、

もっと言えばウイルスバーサーカーでの蘇生を考えると

左下と下にマーカーのあるリンクと併用するのが理想的です。

そもそも【コードブレイカー】というデッキはメインデッキはゼロデイ1枚でも成立するデッキであり

本当にデッキとして大事なのは「該当するリンクとウイルスソードマンを同時に出す展開力」です。

 

LINK-2で該当するのはいくつかありますが残念ながら汎用リンクは存在しません。

ただクロック・リザードとサイバース・ウィッチはサイバース族2体で特殊召喚可能であり

何かしら2体並べやすいサイバース族、

例えばトークンを生成できるクロック・ワイバーンあたりを用いれば出す事が出来るので

うまくデッキに混ぜていくといいでしょう。

また【トリックスター】であればトリックスター・ディーヴァリディス、

【HERO】であればX・HERO ヘル・デバイサーも同様のリンクマーカーを持っている為

これらのデッキでも効果を活用しやすいです。

 

ちなみに攻撃力2300というのは汎用LINK-2の中でもかなり高めの数値です。

効果を使えない状態でもいざという時には戦闘要員として出すのを意識していいでしょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    同じパックのパワーロードオーガがかなり相性良いですね。ウイルスソードマンとの相互リンクのしやすさ、バーサーカーでゼロデイ&ソードマンの蘇生、効果を受けないからゼロデイのデメリットも無視出来ると至れり尽せり感が半端ないです。

タイトルとURLをコピーしました