遊戯王カード考察:≪Ai(アイ)-コンタクト≫2:3交換の分かりやすいドローソース

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

Ai-コンタクト
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のフィールドゾーンに「イグニスターAiランド」が存在する場合、
手札の「イグニスターAiランド」1枚を相手に見せて発動できる。
見せたカードをデッキの一番下に戻し、自分はデッキから3枚ドローする。

wiki

 

【@イグニスター】のサポートとなる通常魔法です。

VRAINSにおいてAiがプレイメーカー戦で使用しその効果で3枚ドローしました。

アニメでは条件となる手札とフィールドのカードは何でもよく汎用的なカードとなっていましたが

OCG化に伴い条件がイグニスターAiランドに限定されるようになりました。

 

Aiがウィンクをしてます。このウィンクで何かを察しろという事なのでしょう。

「目」にかけたカード名同士なのかAiシャドーと構図がよく似ており

向きが左右逆になっています。

 

 

@イグニスターにおけるドローソース

スポンサーリンク

 

その効果は1ターンに1度、

フィールドと手札の両方にイグニスターAiランドがある場合に

手札のイグニスターAiランドを手札に戻すことで3枚ドローできるドロー促進効果です。

発動条件にフィールド魔法のイグニスターAiランド2枚を必要としていますが

それ自体は【@イグニスター】におけるキーカードであり

このカード含めてピカリ@イグニスターでサーチも出来るので

発動条件を満たすのはそう難しくないでしょう。

テラ・フォーミングなどのフィールド魔法サーチは勿論の事、

イグニスターAiランドには墓地からセットしなおす効果もあり

おろかな副葬なども間接的にこのカードの発動を助ける働きをしてくれます。

効果そのものもシンプルに優秀であり

【@イグニスター】におけるドローソースとして大いに活用していけます。

 

 

またダブったイグニスターAiランドの活用手段としても優秀です。

イグニスターAiランドを既に3枚引き切ったとしても

デッキに戻してドローソースとして変換できる為

テラ・フォーミング、惑星探査車等のフィールド魔法サーチをガン積みしていたとしても

これらを腐らせる可能性を減らす事が可能です。

結果としてフィールド魔法サーチを積極的に採用しやすくなり

所定にイグニスターAiランドを持ってこれる可能性を増やす事にも繋がるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました