遊戯王カード考察:≪パラレルエクシード≫1体出ればさらにデッキからもう1体!リンク素材にもエクシーズ素材にも

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

パラレルエクシード
効果モンスター
星8/風属性/サイバース族/攻2000/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在し、自分がリンク召喚に成功した場合に発動できる。
このカードをそのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「パラレルエクシード」1体を特殊召喚する。
③:「パラレルエクシード」の効果で特殊召喚したこのカードはレベル4になり、
元々の攻撃力・守備力は半分になる。

wiki

 

風属性サイバース族のレベル8モンスターです。

VRAINSにおいてプレイメーカーがAi戦で使用し

自身の効果で手札から特殊召喚した後にデッキからもう1体を特殊召喚、

レベル4となった2体でファイアウォール・X・ドラゴンのエクシーズ召喚に繋げました。

 

頭に大きく「X」のマークが刻まれたワイバーン型の機械竜です。

全体的な色合いがファイアウォール・X・ドラゴンに似ており、

・X・版のプロキシー・ドラゴンみたいな立ち位置かもしれませんね。

 

パラレルとは「平行」や「並列」といった意味であり

コンピューター用語でもパラレル通信やパラレルプロセッシングなどに使われます。

効果から考えるとレベルを並列にするという意味なのでしょう。

 

リンク召喚に合わせて自己展開してさらにデッキから同名カード

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在し、自分がリンク召喚に成功した場合に発動できる。
このカードをそのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、自分がリンク召喚した場合に

そのリンクモンスターのリンク先に手札から特殊召喚する自己展開効果です。

リンク召喚を中心とするデッキであれば条件を満たすのは難しくなく

特にサイバース族であればリンク・ディサイプルや転生炎獣ベイルリンクスなど

1体のモンスターからリンク召喚を容易に行えるので

最上級モンスターながらも腐る事はあまりないでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「パラレルエクシード」1体を特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚に成功した場合に

デッキから同名カード1体を特殊召喚できるリクルート効果です。

①の効果と合わせて召喚権なしで2体を並べやすくなっています。

 

 

③:「パラレルエクシード」の効果で特殊召喚したこのカードはレベル4になり、
元々の攻撃力・守備力は半分になる。

③の効果は同名カードの効果で特殊召喚している場合、

元々の攻撃力守備力が半分になりレベルも4になるというものです。

基本的にこのカードを特殊召喚している場合は①や②の効果で出す事が多く、

その場合2体のレベル4が並ぶことになります。

エクシーズ素材に使う事もできますし、①の効果で用意していたリンクモンスターと合わせて

リンク素材にしてしまうのもいいでしょう。

 

フォーマッド・スキッパーにも対応

スポンサーリンク

 

リンク召喚を積極的に活用するデッキであれば容易に2体を特殊召喚出来る優秀なカードであり

リンク素材としてもエクシーズ素材としても積極的に使っていけます。

レベル8故にフォーマッド・スキッパーの効果によるサーチに対応しているのもポイントで

サーチに対応するモンスターの中では特に使いやすい部類に入ります。

 

またランク4のエクシーズ召喚を主体とするデッキでかつリンク召喚も活用するようなデッキ、

例えば専用のリンクを持つ【ガジェット】あたりに採用するのもオススメです。

 

ただ、3枚採用している場合、1枚は②の効果が使えなくなってしまいます。

この問題は貪欲な壺などで墓地のこのカードをデッキに戻す事で解消できるので

どうせなら一緒に採用しておくといいでしょう。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    コイツはSS後に何の縛りも付かない事がぶっ飛んでいますね。

タイトルとURLをコピーしました