遊戯王カード考察:≪プロキシー・F・マジシャン≫融合サポートのリンク、簡易融合とも高相性

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

プロキシー・F・マジシャン
リンク・効果モンスター
炎属性/サイバース族/攻1400/LINK-2
【リンクマーカー:左下/右下】
\ ↑ /
←   →

効果モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
②:このカードのリンク先に融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。
手札から攻撃力1000以下のモンスター1体を特殊召喚する。

wiki

 

炎属性サイバース族のLINK-2です。

VRAINSにおいてプレイメーカーがAi戦で使用し

その効果でヴァレルロード・F・ドラゴンの融合召喚へと繋げつつ

L2キャッシュヴァリエの展開にも繋げました。

 

赤紫の鎧に近いローブをまとった魔導士です。

カードのイラストでは口元が隠れていますが

アニメでは初期のリボルバーがよくしているような笑みを浮かべていました。

リボルバーのカードを出す為に使われた事もあり意識しているのかもしれません。

 

融合内蔵リンク

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:左下/右下】
効果モンスター2体

リンク素材には効果モンスター2体を指定しています。

かなり緩めの素材指定であり様々なデッキで活用が可能です。

 

リンクマーカーは斜め下2方向のオーソドックスなタイプです。

このカードは融合サポートであり融合モンスターを複数揃えたい場合にも重宝します。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

①の効果は1ターンに1度、自分の場から融合素材を墓地へ送る事で

融合モンスター1体を融合召喚するというものです。

素材にできるのはフィールドから限定ですが効果モンスター2体が実質融合カードと化し、

融合カードを採用していないデッキであっても融合召喚を狙う事が可能となります。

自身を融合素材にする事も可能でアースゴーレム@イグニスターなどの融合召喚に繋げられますが

その場合は②の効果に繋げる事ができません。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードのリンク先に融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。
手札から攻撃力1000以下のモンスター1体を特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、リンク先に融合モンスターが融合召喚された場合に

攻撃力1000以下のモンスターを手札から特殊召喚出来るというものです。

簡易融合などから簡単に発動条件を満たす事が可能であり

このカードを含めてLINK-4のリンク召喚が狙えたりします。

もしくは①の効果でそのまま融合モンスターを出した後に

LINK-3と一緒に並べるのもいいでしょう。

あくまで融合召喚で出した場合限定で蘇生などでは対応しない点には注意です。

 

展開の補助としても使いやすい

スポンサーリンク

 

クロック・リザードやクロック・スパルトイとはまた違った融合サポートであり

クロック・リザードと違い墓地のカードを素材に融合召喚出来ないものの

墓地をあらかじめ肥やしておく必要がなくまた自身をリリースする必要もありません。

また上記2枚と違いサイバース族をリンク素材に指定していない為

サイバース族に限らず様々なデッキで運用が可能となっています。

 

 

主な使い方としては2通り考えられます。

1つは普通に①の効果を活用して融合召喚をサポートする使い方です。

特にリンクモンスターを素材にしているカードであれば

このカード自身を融合素材として使いやすく

サイバース・クロック・ドラゴンやアースゴーレム@イグニスターなどの融合召喚に使えます。

【転生炎獣】であれば転生炎獣ヴァイオレット・キマイラの融合召喚にも役立つでしょう。

 

もう1つの使い方は②の効果を展開の補助として使う方法です。

前述の通り簡易融合から簡単に条件を満たす事が可能であり

簡易融合を絡めた展開をより行いやすくなります。

ブリリアント・フュージョンを採用したデッキに混ぜてみるのもいいでしょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    アニメで使用したのところがヴァレルじゃなくてファイアウォールになってしまっていますね。

タイトルとURLをコピーしました