遊戯王カード考察:≪眷現の呪眼(けんげんのじゅがん)≫呪眼の王 ザラキエルがよりリンク召喚しやすく!

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

カード説明

眷現の呪眼
通常魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに
「呪眼の眷属トークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守400)1体を特殊召喚する。
自分の魔法&罠ゾーンに「セレンの呪眼」が存在する場合、
この効果で特殊召喚する数を2体にできる。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、自分フィールドの「呪眼」魔法・罠カードは相手の効果の対象にならない。

wiki

 

【呪眼】用のサポートとなる通常魔法です。

サリエルとゴルゴーネが対峙しています。

睨みつけるゴルゴーネに対してサリエルは玉座に座っていかにも余裕な態度をしています。

セレンの呪眼を手に入れたサリエルにとっては

「ふん、そんなまがい物で何ができる」って感じなんでしょうか。

カード名は「眷属」と「顕現」を合わせたものだと思われます。

 

セレンの呪眼があればトークン2体生成

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに
「呪眼の眷属トークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守400)1体を特殊召喚する。
自分の魔法&罠ゾーンに「セレンの呪眼」が存在する場合、
この効果で特殊召喚する数を2体にできる。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。

①の効果は1ターンに1度、自分の場にトークン1体、

セレンの呪眼があればさらにもう1体トークンを生成するというものです。

セレンの呪眼を装備したモンスターと合わせれば3体のモンスターが並ぶ事になる為

そのまま呪眼の王 ザラキエルのリンク召喚へと繋げる事が可能になります。

 

制約として悪魔族しか特殊召喚できなくなります。

悪魔族である呪眼では大した影響はありませんが

魔晶龍ジルドラスなどを採用している場合には注意しましょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、自分フィールドの「呪眼」魔法・罠カードは相手の効果の対象にならない。

②の効果は1ターンに1度、墓地から除外する事で

そのターンの間自分の場の呪眼魔法罠に対象耐性を付与するというものです。

セレンの呪眼を使った展開などを相手に妨害され辛くなりますが

自分ターンにしか発動できない為、カードを守る手段としては少し心もとないです。

そもそも【呪眼】は墓地コストにカードをよく除外するので

それを考えるのであればコスト用に墓地に残した方がいいケースも多いでしょう。

 

 

なんだかんだでシンプルにトークン2体を生成できるのは強いです。

2体生成の条件となるセレンの呪眼がある事も【呪眼】にとっては大前提となるカードなので

確保できていないのであればむしろそっちの方が大ピンチです。

サリエルとセレンの呪眼、もしくはゴルゴネイオの呪眼があれば

サリエルの召喚からこのカードのサーチ、発動までそのまま繋げられるので

呪眼の王 ザラキエルのリンク召喚がぐっと楽になるでしょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました