遊戯王カード考察:≪剛鬼(ごうき)ガッツ≫2体目の共通効果持ちレベル1剛鬼!いざという時には壁にも

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

カード説明

剛鬼ガッツ
効果モンスター
星1/地属性/戦士族/攻 800/守 0
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:守備表示のこのカードは戦闘では破壊されない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドの全ての「剛鬼」モンスターの攻撃力は200アップする。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼ガッツ」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

wiki

 

【剛鬼】のニューフェイスとなる地属性戦士族のレベル1モンスターです。

VRAINSにおいてGo鬼塚がAi戦で使用し

剛鬼ジャドウ・オーガのリンク素材となりつつ自身の効果をジャドウ・オーガで無効にされる事で

剛鬼マスター・オーガの蘇生に繋ぎました。

上記の通り効果を発動したものの無効にされており

剛鬼の共通効果以外はその効果が不明となっている珍しいモンスターです。

 

頭から炎を走らせた猿に近い見た目の剛鬼がグッとガッツポーズを決めています。

 

剛鬼全体の攻撃力を永続的に強化

スポンサーリンク

 

①:守備表示のこのカードは戦闘では破壊されない。

①の効果は守備表示の状態であれば戦闘破壊耐性が付与されるというものです。

いざという時には壁にする事が可能であり

戦闘では突破できず、効果破壊をしても③の効果でサーチ効果が発動するという

中々いやらしい壁として機能します。

 

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドの全ての「剛鬼」モンスターの攻撃力は200アップする。

②の効果は1ターンに1度、

自分の全ての剛鬼モンスターの攻撃力を200アップさせる全体強化です。

攻撃力の上昇量自体は大したことなく、またリンク素材に用いる場合発動機会も少な目ですが

剛鬼ザ・ジャイアント・オーガの③の効果の条件を満たすのに使えます。

強化自体は永続であり、もし壁として居座る事が出来れば毎ターン発動も狙える為

ささやかながらも意外と馬鹿にならない強化になったりします。

 

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼ガッツ」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

③の効果は1ターンに1度、フィールドから墓地へ送られた場合に

同名カード以外の剛鬼と名の付くカードをデッキから手札に加えるサーチ効果です。

多くの剛鬼が共通で持つサーチ効果であり

【剛鬼】の継戦能力の高さを支える効果となっています。

 

 

やっぱりレベル1である事が重要

スポンサーリンク

 

剛鬼としては3体目、共通効果持ちである事まで含むと

剛鬼マンジロック以来の2体目となるレベル1剛鬼となります。

あちらと同様に装備魔法1枚で聖騎士の追想 イゾルデから特殊召喚できる、

ワン・フォー・ワンでデッキから特殊召喚出来ると様々な利点があり

共通効果だけでも十分に役立ってくれるカードとなっています。

マンジロックと一緒に採用すればより上記のカードが使いやすくなりますし

剛鬼の共通効果は1ターンに1度の制約がある為、

単純にカードの種類が増える事が何よりもありがたいでしょう。

壁としての運用や他の剛鬼の強化を使う機会もあるため

こちらの方がマンジロックよりやや使い勝手で勝る印象です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました