遊戯王カード考察:≪メガリス・アンフォームド≫儀式召喚にもコンバットトリックにも使えるなんだかんだで便利なカード

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

カード説明

メガリス・アンフォームド
速攻魔法
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
フィールドの儀式モンスターの数×500ダウンする。
●レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベルの倍になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
デッキから「メガリス」儀式モンスター1体を守備表示で儀式召喚する。

wiki

 

【メガリス】用のサポートとなる速攻魔法です。

メガリス・ファレグとメガリス・ベトール歪み合って1つになったような姿を取っています。

アンフォームドとは「形をなさない」や「未発達」といった意味の言葉であり

効果を考えると混ざり合って別の姿になろうとしているのかもしれません。

 

 

コンバットトリックにも儀式召喚にも

スポンサーリンク

 

①:以下の効果から1つを選択して発動できる。

効果は2つありそのうちどちらか1つを選択して発動します。

 

●相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
フィールドの儀式モンスターの数×500ダウンする。

1つ目の効果は1ターンの間こちらの儀式モンスターの数×500の数値分

相手モンスター全ての攻撃力をダウンさせる全体弱体化効果です。

速攻魔法故にコンバットトリックとして活用可能であり

1体だけでも攻撃力差を弱体化させる状況は充分にあり

複数の儀式モンスターを並べていれば相手モンスターの殲滅も狙えます。

 

 

●レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベルの倍になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
デッキから「メガリス」儀式モンスター1体を守備表示で儀式召喚する。

2つ目の効果は手札とフィールドから

儀式召喚するモンスターのレベルの倍になるだけ手札とフィールドからリリースして

メガリス儀式モンスターをデッキから守備表示で特殊召喚するというものです。

倍のコストが必要なもののデッキから直接儀式召喚が可能であり

レベル8のメガリスでレベル4のメガリスを儀式召喚する分には損失が少なくて済みます。

特にデッキから直接メガリス・オフィエルやメガリス・ハギトを引っ張ってこれるのは

安定性の向上にもつながるでしょう。

また速攻魔法故に相手ターンでの儀式召喚を狙う事が可能であり

相手ターンにメガリス・ベトールを儀式召喚して展開を妨害するといった使い方も可能です。

 

 

割と他の儀式モンスターにも

スポンサーリンク

 

特に序盤ではレベル8のメガリスをリリースしてオフィエルなどを出したい場面もありますし

それが必要なくなった場合にはコンバット・トリックとしても活用できると

中々面白い使い分けができるカードです。

どちらも役立つ局面は結構あるはずであり少なくとも腐る場面はあまりないでしょう。

 

また1つ目の効果だけであれば【メガリス】以外でも活用が可能です。

儀式魔人リリーサーなどでロック効果を持った儀式モンスターを戦闘破壊されたくない場合に有用であり

特にユニコールの影霊衣などは

このカードによって攻撃力差を逆転できるという場面もあるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました