遊戯王カード考察:≪マドルチェ・プロムナード≫マドルチェの妨害性能を強化しつつアラ・モードもより使いやすく!

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

カード説明

マドルチェ・プロムナード
通常罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:相手フィールドの表側表示のカード1枚と
自分のフィールド・墓地の「マドルチェ」モンスター1体を対象として発動できる。
その相手のカードの効果をターン終了時まで無効にし、
その自分のモンスターを持ち主の手札に戻す。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「マドルチェ」Xモンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「マドルチェ」モンスター1体を選び、
対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。

wiki

 

【マドルチェ】用のサポートとなる通常罠です。

プロムナードとはフランス語で散歩、もしくは散歩道を現す言葉で

その名の通りにお城周辺においてマドルチェ達が散歩をしています。

プディンセスールは姉を振り回すように元気にはしゃぎまわっており

お転婆なプディンセスも妹の前では形無しといった感じですね。

 

 

相手のカードを無効にしつつデッキから

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:相手フィールドの表側表示のカード1枚と
自分のフィールド・墓地の「マドルチェ」モンスター1体を対象として発動できる。
その相手のカードの効果をターン終了時まで無効にし、
その自分のモンスターを持ち主の手札に戻す。

①の効果は1ターンに1度、相手の表側表示のカード1枚を無効にしつつ

自分の場か墓地のマドルチェモンスター1体を手札に戻すというものです。

相手のカードの妨害として使えるのは勿論の事、

相手ターンにマドルチェを手札に戻してマドルチェ・チケットの効果を発動させたりも可能です。

この手のフリーチェーンで無効にできるカードの常として

発動した直後の魔法罠も無効にできる事は把握しておきましょう。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「マドルチェ」Xモンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「マドルチェ」モンスター1体を選び、
対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。

②の効果は1ターンに1度、墓地から除外する事で

手札、デッキ、墓地からマドルチェ1体を選んで

場のマドルチェエクシーズのオーバーレイユニットにするというものです。

マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モードに

マドルチェ・プディンセスを素材として重ねたい場合に重宝する効果で

プディンセスールを使わずにランク4のマドルチェからショコ・ア・ラ・モードを出した場合でも

後出しでプディンセスを素材にする事が可能です。

 

どっちの効果も有用

スポンサーリンク

 

どちらの効果も【マドルチェ】にとって有用で

①の効果は相手のカード(特に魔法罠や釣り上げ効果持ち)の妨害に、

②の効果はショコ・ア・ラ・モードへ繋げやすくする手段として重宝します。

特に①はマドルチェに不足しがちだった妨害性能を見事に補ってくれる存在です。

メッセンジェラートでサーチできるのもポイントで

シャトーとチケットの両方をサーチした後の有力なサーチ候補となってくれるでしょう。

 

それにしてもマドルチェ、定期的に新カードもらえますね。

なんだかんだかなり優遇されてるテーマの1つじゃないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました