遊戯王カード考察:≪深海姫(しんかいき)プリマドーナ≫深海以外でも色々使えるレベル7シンクロチューナー

スポンサーリンク

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

カード説明

深海姫プリマドーナ
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星7/水属性/海竜族/攻1500/守2700
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:除外されている相手のカード1枚を対象として発動できる。
デッキからレベル4以下の水属性モンスター1体を手札に加えるか特殊召喚し、
対象のカードを相手の手札に加える。
②:このカードをS素材としたSモンスターは、相手モンスターの効果の対象にならない。
③:このカードが墓地へ送られた場合、
除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。

wiki

 

新テーマ、【深海】に属する水属性海竜族のレベル7シンクロチューナーです。

見た目からして深海のディーヴァの進化形だと思われます。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

全体的に装飾が増えてまさに「お姫様」といった感じです。

プリマドンナとは「第一の女性」という意味で

オペラをはじめとする歌劇団の中で主役に位置する歌手を指します。

まさにディーヴァ(歌姫)の進化形らしいネーミングですね。

 

シンクロ先に耐性を付与するシンクロチューナー

スポンサーリンク

 

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

シンクロ素材には特に指定がなく合計レベルが7になるように素材を揃えればOKです。

シンクローチューナーとして汎用的に活用ができますが効果を考えると

何かしら水属性を採用しつつ相手のカードを除外する手段があると望ましいです。

 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:除外されている相手のカード1枚を対象として発動できる。
デッキからレベル4以下の水属性モンスター1体を手札に加えるか特殊召喚し、
対象のカードを相手の手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、

除外されている相手のカード1枚を手札に戻す代わりに

デッキからレベル4以下の水属性1体を手札に加える、もしくは特殊召喚できるというものです。

【深海】であれば特殊召喚時に効果を発動できますし

深海のセントリーなどで相手のカードを一時的に除外できるので無駄がありません。

他の水属性デッキで使う場合は何かしら相手を除外できるカードと組み合わせるといいでしょう。

相手にアドバンテージを与えたくない場合は

エレキジや刻剣の魔術師など場のモンスターを一時的に除外するカードと組み合わせると

間接的なバウンスとしても機能します。

 

②:このカードをS素材としたSモンスターは、相手モンスターの効果の対象にならない。

②の効果はこのカードを素材にシンクロ召喚したシンクロモンスターに

相手効果モンスターに対する対象耐性を付与するというものです。

昨今では除去効果をモンスター効果に依存しているデッキも多い為

モンスター効果限定ながらも中々に役立つ耐性付与です。

A BF-神立のオニマルのような破壊耐性を持ったシンクロに繋げれば

さらに高い場持ちが期待できるでしょう。

 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが墓地へ送られた場合、
除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。

③の効果は1ターンに1度、墓地へ送られた場合に

除外されている自分か相手のカードをデッキに戻すというものです。

【深海】であれば深海のセントリーなどで一時的に除外したカードをデッキに戻す事で

実質的なハンデスとして機能します。

他にも刻剣の魔術師あたりで一時的に除外したカードをそのまま帰らなくさせてもいいですし

もし相手が【メタファイズ】などのように除外ギミックを使用するデッキや

フューチャー・ヴィジョンや封印の黄金櫃などを活用するデッキであれば

それを狙い撃つ事でもアドバンテージを確保する事が可能です。

単純に自分の除外したカードをデッキに戻して再びサーチして再利用などをしてもいいでしょう。

 

 

レベル7シンクロチューナーとしての使い分け

スポンサーリンク

 

【深海】で真価を発揮できるようにデザインされているカードですが

①の効果は発動できれば水属性デッキ全般でありがたい効果ですし

単純に対象耐性を付与できるシンクロチューナーとしても活用できる為汎用性が高いです。

 

同じくレベル7のシンクロチューナーにシューティング・ライザー・ドラゴンがあります。

あちらはレベル変動効果に墓地肥やし、フリーチェーンでのシンクロ召喚が可能なのに対し

こちらは①の効果によるサーチやリクルート、シンクロ先の耐性付与が可能と

どちらにも違った利点があり状況に応じて使い分けていく事も出来るでしょう。

 

 

ちなみに③の効果はデッキから直接墓地へ送られた場合にも発動が可能です。

有効に機能する状況はある程度限定されますが

轟雷帝ザボルグなどで直接墓地に落とすのも選択肢の1つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました