遊戯王カード考察:≪獣神王(じゅうしんおう)バルバロス≫攻撃要員にしてもいいし除去要員にしてもいい

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

カード説明

獣神王バルバロス
効果モンスター
星8/地属性/獣戦士族/攻3000/守1200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:レベルの合計が8以上になるように、
自分フィールドのモンスターをリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「バルバロス」モンスター1体を除外し、
相手フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
③:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。

wiki

 

神獣王バルバロスのリメイクとなる地属性獣戦士族のレベル8モンスターです。

レベル、属性、種族、攻撃力守備力が同じであり

名前も「神」と「獣」を入れ替えただけというかなり間違えやすいネーミングしています。

 

ビフォー

 

 

アフター

胸のパーツなど所々拡張されており全体的にたくましい体つきになっています。

特に手に持ったランスとシールドがより大きく立派なものになっています。

 

 

除去しつつ全体攻撃

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:レベルの合計が8以上になるように、
自分フィールドのモンスターをリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、自分の場のモンスターを合計8レベル分リリースする事で

手札から特殊召喚する自己展開効果です。

妥協召喚できる神獣王バルバロスや深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト、

レベル8になれるガガガマジシャンや星向鳥などがあれば1枚で特殊召喚が可能です。

その他にも相手モンスターの数の方が多ければ特殊召喚できる巨大戦艦 ブラスターキャノン・コア、

攻撃力2000以上のモンスターが相手の場にいれば特殊召喚できる限界竜シュヴァルツシルトも

リリース要員として向いておりこれらを使えば召喚権なしで出せます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「バルバロス」モンスター1体を除外し、
相手フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

②の効果は1ターンに1度、場か墓地からバルバロスと名の付くモンスターを除外する事で

相手のカード2枚を破壊できるというものです。

シンプルながらもモンスターと魔法罠問わず複数破壊できる便利な効果であり

①の効果で神獣王バルバロスをリリースしていればそのまま効果のコストにできるので

スムーズに効果を発動する事ができるでしょう。

 

 

③:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。

③の効果は相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる全体攻撃です。

攻撃力が3000ある為生半可なモンスターは一網打尽にする事ができ

それ以上の攻撃力のモンスターがいても②の効果で除去が狙える為中々に隙がありません。

幻獣の角とも相性がよく3800打点で全体攻撃できるようになる上に

モンスターを戦闘破壊して墓地へ送る度に1枚ドローが可能となります。

 

 

自分をコストにするのも割とあり

スポンサーリンク

 

②の効果は自身を除外して発動する事も可能です。

基本的にこのカードの特殊召喚に1体はリリースする事になる為そのままだとただの2:2交換ですが

全体攻撃でモンスターを蹴散らした後に今度は魔法罠を破壊といった動きも可能です。

野生解放で強化した場合など自壊が決定している場合にも自身をリリースすれば無駄がないでしょう。

4200打点で全体攻撃が出来るので野生解放を使う価値は十分にあります。

 

その他だと竜嵐還帰とも相性が良好です。

自身を②の効果で除外したこのカードを再び場に戻すことが可能であり

手札に戻る前に再び自身を除外して②の効果に繋げられます。

攻撃力が3000あるので壁として機能させられる場面も多いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました