遊戯王カード考察:≪エターナル・ボンド≫墓地から好きなだけ蘇生していいってさ!

今回紹介するのはPREMIUM PACK2020よりこのカードです。

 

 

カード説明

エターナル・ボンド
通常罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「フォトン」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
相手フィールドの「フォトン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃宣言できず、
そのモンスターの攻撃力は自分フィールドの
「フォトン」モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

wiki

 

フォトン用のサポートとなる通常罠です。

漫画版ZEXALにおいて天城カイトが飛車角戦で使用し

墓地からフォトン・スラッシャーとフォトン・クラッシャーを蘇生しつつ

相手に奪われていた銀河眼の光子竜を奪取しなおした上でその攻撃力を7100にまで高めました。

 

剣と盾を構えた騎士の目の前で巨大な球体が浮かび

そこに周囲のエネルギーが吸収されていっています。

 

墓地からフォトンを好きなだけ蘇生

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「フォトン」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

墓地のフォトンを好きな数だけ効果無効にして特殊召喚する蘇生効果です。

墓地が肥えていれば一度に大量にモンスターを蘇生できる強力な効果であり

この手の効果にありがちな特殊召喚後の制約も特になく

エクシーズ召喚のみならずリンク召喚にも大いに活用ができます。

銀河眼の光子竜あたりを複数蘇生する事が出来れば

素材に利用せずとも総攻撃をしかけるだけでも十分に強力で

逆に相手ターンに壁として蘇生させる手もあります。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
相手フィールドの「フォトン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃宣言できず、
そのモンスターの攻撃力は自分フィールドの
「フォトン」モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

②の効果は1ターンに1度、自分メインフェイズ時に墓地から除外する事で

相手の場のフォトン1体のコントロールを奪い

発動したターンそのモンスターしか攻撃できなくなる代わりに

奪ったフォトンの攻撃力を自分の場のフォトン全ての元々の攻撃力合計にするというものです。

ほぼミラーマッチ専用とも言うべき効果ですが

墓地発動からコントロール奪取が可能であり自分の場に他のフォトンがいれば

強烈なダメージを叩きこむ事も可能です。

特に①の効果で事前に大量のフォトンを蘇生させていれば

1ターンキル級のダメージも十分に狙えるでしょう。

能動的に使うのであれば強制転移あたりで送り付けた後でこの効果で再び奪いとるなんて手もあります。

 

 

大量蘇生させてぶん殴ってもOK

スポンサーリンク

 

②の効果は非常に限定的ながらも

そんなのが気にならないぐらい①の効果が強烈です。

墓地から好きなだけ蘇生できるカードが弱いわけがなく

エクシーズ召喚にもリンク召喚にも大いに役立ってくれるでしょう。

特に4月にルールが改定されればエクシーズを複数並べる事も十分に可能であり

【フォトン】にとって非常に有用なカードだと言えます。

 

効果こそ無効になるものの攻撃表示で蘇生できるのもポイントです。

フォトンはステータスの高いモンスターも多く銀河騎士で銀河眼の光子龍を蘇生し

2体でNo.90 銀河眼の光子卿かNo.62 銀河眼の光子竜皇をエクシーズ召喚、

そこからさらにギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴンにエクシーズチェンジする事で

これが墓地に送られた場合これだけでも4体のフォトンが墓地に行く事になります。

これらを蘇生して総攻撃をしかけるのも強力です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました