遊戯王カード考察:≪眩月龍(げんげつりゅう)セレグレア≫フリーチェーンでコントロール奪取!妥協召喚でも十分強力!

今回紹介するのはジャンプフェスタ リミテッドパック 2020よりこのカードです。

 

 

カード説明

眩月龍セレグレア
効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2400/守1000
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはリリースなしで通常召喚できる。
②:このカードの①の方法で通常召喚したこのカードの元々の攻撃力は1500になる。
③:自分・相手のメインフェイズに、
このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、対象のモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。

wiki

 

光属性ドラゴン族のレベル4モンスターです。

月をバックに翼を大きく広げて空を舞う光り輝く竜です。

恐らく名前の由来はギリシア神話に伝わる月の女神セレーネ+眩しいという意味の「グレア」だと思われます。

 

 

自分より攻撃力の低い相手モンスターを奪い取る

スポンサーリンク

 

①:このカードはリリースなしで通常召喚できる。
②:このカードの①の方法で通常召喚したこのカードの元々の攻撃力は1500になる。

①と②の効果は元々の攻撃力を1500にする代わりに

リリースなしで通常召喚できるという妥協召喚効果です。

③の効果の範囲に影響してきますがレベル6モンスターをリリースなしで出せる為

聖刻龍-トフェニドラゴンあたりと一緒に並べる事でランク6のエクシーズ召喚が狙えます。

 

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:自分・相手のメインフェイズに、
このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、対象のモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。

③の効果はお互いのメインフェイズ時に1度、

場から手札に戻す事で自身の攻撃力以下の相手モンスター1体のコントロールを

エンドフェイズの間まで得るというコントロール奪取効果です。

フリーチェーンでコントロールを奪うという非常に強力な効果であり

自分ターンに発動すればそのまま各種素材にして消費する事が可能、

相手ターンに発動すればモンスターを奪うという形で展開の妨害になると

どちらにしても強力です。

①の効果で出した場合は攻撃力1500以下しか奪う事ができませんが

それでも各種素材に活用するモンスターを奪うのには有効に機能してくれるでしょう。

 

 

割とアドバンス召喚向きです

スポンサーリンク

 

何気に攻撃力2400守備力1000といわゆる帝ステータスをしています。

効果からもアドバンス召喚とは相性がよく

特に連撃の帝王は相手ターンに不意にこのカードを場に出したり

相手ターンに奪ったモンスターをそのままアドバンス召喚の為にリリースしたりと何かと相性がいいです。

手札に戻るというデメリットも「毎ターンアドバンス召喚が狙える」という意味ではそう悪い話でもなく

帝王の烈旋などを有効に活用させやすいです。

 

単純に攻撃力を高めてコントロール奪取する範囲を広めるのも効果的です。

例えばドラゴン族デッキで一族の結束を1枚発動している状態であれば

妥協召喚でも攻撃力2300以下まではコントロール奪取が可能となり

①の効果以外で出していれば3200打点までは奪取可能と飛躍的に範囲が広がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました