遊戯王カード考察:≪清冽(せいれつ)の水霊使いエリア≫霊使いリンク4体目!そろそろ本格的にデッキ組めるようになってきた?

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

清冽の水霊使いエリア
リンク・効果モンスター
水属性/魔法使い族/攻1850/LINK-2
【リンクマーカー:左下/右下】
\ ↑ /
←   →

水属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
②:リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから守備力1500以下の水属性モンスター1体を手札に加える。

wiki

 

霊使いエリアのリメイクとなる水属性魔法使い族のLINK-2です。

霊使いのリンクとしては4体目でこれで地風水炎の霊使いリンクが揃った事になります。

 

ビフォー

 

 

 

アフター

憑依装着の頃と同じくどことなく冷たい表情をしています。

霊使いの頃は明るい笑顔を見せていましたがすっかりクール路線ですね。

どことは言いませんが発育もよろしいです。

清冽とは「水が清らかに澄んでいて冷たいこと」を意味します。

水関連の言葉たくさんありますが中々渋い所できましたね。

 

はい、いつもの霊使いリンクです

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:左下/右下】
水属性モンスターを含むモンスター2体

リンク素材はモンスター2体で片方に水属性を指定しています。

何かしら水属性モンスターを用意できればリンク召喚が狙えます。

特に黄泉ガエルがリンク素材に便利で

黄泉ガエルとリンクリボーのコンボでスタンバイフェイズに2体並べれば

手札消費0でこのカードのリンク召喚に繋げられます。

 

リンクマーカーは斜め下に2つとEXモンスターゾーン向きの配置です。

効果から考えてもEXモンスターゾーンに出したい所です。

 

 

このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。

まず効果外テキストとして「憑依装着」と名の付くモンスターとして扱います。

憑依解放があれば2650打点となるので

アタッカーとして活用できる機会も結構あるでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

相手の墓地の水属性1体を自身のリンク先に特殊召喚するというものです。

水属性のモンスターで特によく見やすいのは水晶機巧-ハリファイバーあたりでしょうか。

自身を除外して発動する効果を持つものの、そのまま連続リンクの素材として使われる事もあり

もし蘇生できればこのカードと合わせてLINK-4に繋げる事も可能です。

あとは星杯の神子イヴあたりも比較的よく見るでしょうか。

そのほかでは【閃刀姫】が相手であれば閃刀姫-シズクが、

【HERO】が相手であればE・HEROバブルマンあたりが蘇生候補となってくるでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから守備力1500以下の水属性モンスター1体を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、リンク召喚している状態で戦闘破壊か相手による効果破壊された場合に

デッキから守備力1500以下の水属性を手札に加えるサーチ効果です。

【霊使い】であれば水霊使いエリアや憑依装着エリアがサーチ候補となります。

水属性で汎用性の高いサーチ先というのは中々ないのですが

黄泉ガエルやタツノオトシオヤ、オルターガイスト・メリシュークあたりがサーチできるので

水属性デッキ以外でも活用できるデッキは多いです。

 

霊使いも4体目になりました

スポンサーリンク

 

霊使いリンクもこれで地、風、炎、水と4属性分揃う事となりました。

まだメジャー所である光と闇が来ていませんが

それでも4属性分あれば対応できる相手デッキも多いでしょう。

そろそろ霊使いリンクを使い分けて相手のカードを積極的に蘇生するデッキも組めそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました