遊戯王カード考察:≪ヴァレルエンド・ドラゴン≫全体的に使いやすいLINK-5、しかも蘇生させても強い

今回紹介するのはLEGENDARY GOLD BOXよりこのカードです。

 

 

 

カード説明

ヴァレルエンド・ドラゴン
リンク・効果モンスター
闇属性/ドラゴン族/攻3500/LINK-5
【リンクマーカー:上/左/右/左下/右下】

←   →
/ ↓ \
効果モンスター3体以上
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されず、
モンスターの効果の対象にならない。
②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
③:フィールドの効果モンスター1体と自分の墓地の
「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
対象のフィールドのモンスターの効果を無効にし、
対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

wiki

 

ヴァレルの新たなる良き力となる闇属性ドラゴン族のLINK-5です。

3つの首を持った6枚羽のヴァレルです。

ヴァレルロード、ヴァレルソード、ヴァレルガードそれぞれの翼が存在しており

恐らくはこの3体が合体したイメージだと思われます。

言うなればリボルバー版青眼の究極竜やサイバー・エンド・ドラゴンとも言うべき存在です。

VRAINSにおいてLINK-5以上はイグニスの力を結集させる事で実現する特別なリンクであり

もしかしたらこのカードはリボルバーがイグニスの力を手に入れたIFの存在なのかもしれません。

 

強固な耐性を持ちつつ全体攻撃、蘇生もできる

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:上/左/右/左下/右下】
効果モンスター3体以上

リンク素材には効果モンスター3体以上を指定しています。

LINK-5になっている事以外は各種LINK-4のヴァレルと同じ素材指定となっており

同じくLINK-5のダークフルードと同じ素材指定でもあります。

ダークフルードほど真価を発揮するのに面倒な下準備も必要なく

同じ素材指定でもこちらの方が幾分出しやすいとも言えます。

 

リンクマーカーは上、左右、斜め下2つとこちらもダークフルードと同じ配置になっています。

丁度ヴァレルロードのマーカーから上方向を足したような形であり

EX、メインモンスターゾーンどちらでも扱いやすい配置です。

 

①:フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されず、
モンスターの効果の対象にならない。

①の効果は戦闘破壊耐性と効果破壊耐性、さらにモンスター効果に対する対象耐性です。

ヴァレルロード、ヴァレルソード、ヴァレルガードがそれぞれ持っている耐性を

全て合わさった豪華仕様の耐性であり魔法罠の対象になるという穴こそあるものの

それでも高い場持ち性能を期待できます。

 

②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。

②の効果は相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる全体攻撃付与です。

このカード自身の攻撃力も3500と高く

大抵のモンスターは戦闘破壊が狙える上に大きなダメージも与えやすいです。

ガンスリンガー・エクスキューションなどで攻撃力を高めれば

1ターンキル級のダメージも狙えます。

 

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:フィールドの効果モンスター1体と自分の墓地の
「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
対象のフィールドのモンスターの効果を無効にし、
対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

③の効果は1ターンに1度、

モンスター1体の効果を無効にしつつ墓地からヴァレットを蘇生するというものです。

LINK-4のヴァレルが持つフリーチェーンの効果同様に相手のチェーンを封じる事が可能であり

釣り上げ効果持ちの相手モンスターの効果を無効にして展開の妨害をしたり

耐性持ちのモンスター効果を無効にして戦闘破壊するなど様々な働きが期待できます。

何よりもフリーチェーンでヴァレットを蘇生できるのが優秀で、

お互いのターンにヴァレットを蘇生していく事が可能です。

他のヴァレル同様自分モンスターに対しても発動が可能であり

ヴァレットに使用すれば各種ヴァレットが持つ効果の発動トリガーにもなりますが

その場合、効果を無効にする前に対象にしたヴァレットが破壊される為

蘇生効果の方は発動できない点には注意してください。

 

 

蘇生しても全力を出せる

スポンサーリンク

 

まさに各種ヴァレルの強化版とも言えるようなカードであり

同じLINK-5のダークフルードと比較してもサイバース族以外での活用がしやすく

融合や儀式モンスターを墓地に置いておくといった準備も必要ない為

全体的に使いやすい性能を誇っています。

①と②の効果だけでも十分に優秀ですが真価を発揮するのであれば③の効果も活かしたい所であり

その為にはヴァレットを採用している必要があります。

ヴァレット・リチャージャーやヴァレット・シンクロンであれば【ヴァレット】以外での採用も検討出来る為

闇属性の、特にドラゴン族メインのデッキであれば

このカード共にこれらのヴァレットを出張させるのもいいでしょう。

 

③の効果も含めれば特にモンスターに対して強固な耐性を誇っていますが

何気にヴァレルロード・ドラゴンは耐性を突破する上に③の効果が通用しない為天敵だったりします。

ヴァレルロードドラゴン自体かなり採用率の高いリンクモンスターでもあるので

警戒するのであれば事前に展開を妨害するなどで対処していくといいでしょう。

 

もう1つの大きな魅力としてリンク召喚時に限定された効果を持っておらず

蘇生からでも全力を発揮できる点が挙げられます。

リンクマーカー的にもメインモンスターゾーンに出すとEX召喚枠の確保が美味しいですし

このカードの蘇生が他のヴァレットの蘇生にも繋がる為

一旦リンク召喚して墓地にいった後は積極的に蘇生を狙いたい所です。

コメント

  1. 匿名 より:

    よく見ると全員分の羽があるから、6枚羽だゾ

タイトルとURLをコピーしました