遊戯王カード考察:≪戦華史略-孫劉同盟(せんかしりゃく そんりゅうどうめい)≫並べて殴るのがシンプルに強い

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

戦華史略-孫劉同盟
永続魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の「戦華」モンスターの属性が2種類以上の場合、
属性を1つ宣言して発動できる。
宣言した属性を持つ相手フィールドの全てのモンスターはターン終了時まで効果を発動できない。
②:相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、
または自分が「戦華」モンスターの効果を発動した場合に発動できる。
自分フィールドの全ての「戦華」モンスターの攻撃力はターン終了時まで、
自分フィールドの「戦華」モンスターの数×300アップする。

wiki

 

【戦華】用の永続魔法です。

孫謀周公が卓を囲み話し合っています。

どうやら周公が何か提案をして孫謀が考え込んでいるようですね。

カード名から推測するに劉備と、つまり蜀と同盟を結ぶか判断をしているのでしょう。

三国志では赤壁の戦いにおいて魏に対抗するために

呉と蜀が同盟を結んでおりそれがモチーフだと思われます。

 

 

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の「戦華」モンスターの属性が2種類以上の場合、
属性を1つ宣言して発動できる。
宣言した属性を持つ相手フィールドの全てのモンスターはターン終了時まで効果を発動できない。

①の効果は1ターンに1度、自分の場に2種類以上の属性の戦華がいる状態で

属性を1つ宣言、そのターンの間、

宣言した属性の相手フィールドのモンスター効果の発動を封じるというものです。

デッキから他の戦華を特殊召喚できる戦華の徳-劉玄を用いれば

発動条件を満たすのは難しくないでしょう。

特に属性を統一しているデッキに対して効果を発揮しますが

いかんせん永続効果の類は防げないのと発動を封じるのが発動した自分ターンのみなので

相手ターンに干渉する事が出来ない点が痛い所でしょうか。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、
または自分が「戦華」モンスターの効果を発動した場合に発動できる。
自分フィールドの全ての「戦華」モンスターの攻撃力はターン終了時まで、
自分フィールドの「戦華」モンスターの数×300アップする。

②の効果は1ターンに1度、

・相手がモンスターを特殊召喚する

・自分の戦華がモンスター効果を発動する

いずれかの条件を満たした場合にそのターンの間

戦華の攻撃力をその数×300だけ上昇させる全体強化です。

特に呉の戦華は複数並べる事が前提となる為発動条件的にも満たしやすく

攻撃力の上昇量も高いものになりやすいです。

 

いっそ思いっきり脳筋にしてみる?

スポンサーリンク

 

特に②の効果が本命と言えるでしょう。

3体並べればそれぞれ900アップと全体強化としては中々のものとなる為

出来れば3体以上を目指したい所です。

特に元々の打点が高い戦華の雄-張徳を混ぜれば総攻撃力はかなりのものとなりますし

他の戦華が並んでいれば手札から自己展開できるのでそういう意味でも相性がいいです。

 

これに加えて一族の結束あたりも導入すればさらに戦華全体の打点を伸ばすこともできるでしょう。

【戦華】にはダメージステップ中の魔法罠の発動を封じる戦華史略-長坂之雄もありますし

大量に並べて一斉に殴る事に特化させたデッキ構成も面白いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました