遊戯王カード考察:≪リンクロス≫オンリーワンな性能で色んな使い道ができるLINK-1!

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

リンクロス
リンク・効果モンスター
光属性/サイバース族/攻 900/LINK-1
【リンクマーカー:下】
\ ↑ /
←   →

リンク2以上のリンクモンスター1体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
そのリンク素材としたリンクモンスターのリンクマーカーの数まで、
自分フィールドに「リンクトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「リンクトークン」をリンク素材にできない。

wiki

 

光属性サイバース族のLINK-2です。

VRAINSにおいてプレイメーカーがAi戦で使用し

その効果で2体のトークンを生成し、メタル・モール・フォーゼと共に

プロキシー・F・マジシャンのリンク召喚、

並びにヴァレルロード・F・ドラゴンの融合召喚へとつなぎました。

 

金と銀を基調とする十字型のオブジェクトが光を放っています。

完全な十字というよりはやや弧を描いた形になっています。

自分は最初に見た時どことなくヒトデを連想しました。

名前の由来は「リンク」+「クロス」&「ロス」だと思われます。

 

 

リンクを素材にトークンを生成

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:下】
リンク2以上のリンクモンスター1体

リンクマーカーはリンク2以上のリンクモンスター1体を指定しています。

リンクモンスター1体で出せるLINK-1という点でセキュア・ガードナーを連想とさせますが

あちらと違いサイバース族以外でも素材できる代わりにLINK-2以上を指定しています。

 

リンクマーカーは下側に1つあります。

とりあえずEXモンスターゾーンに出しておけばEX召喚枠を1つ確保可能です。

 

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
そのリンク素材としたリンクモンスターのリンクマーカーの数まで、
自分フィールドに「リンクトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)を特殊召喚する。

その効果は1ターンに1度、リンク召喚した場合に

素材にしたリンクのマーカー数分だけトークンを生成するというものです。

LINK-2を素材にした場合でも2体のトークンを生成可能であり

最低でも3体のモンスターを一挙に並べる事が可能です。

 

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「リンクトークン」をリンク素材にできない。

制約として発動したターンは

リンクトークンをリンク素材にする事ができません。

リンクトークンと名の付くモンスター全般に制約が発生するので

リンク・ディヴォーティーで出したトークンにも制約が発生する点には注意です。

あくまで発動したターンのみなのでもしトークンをリンク召喚に活用したいのであれば

I:Pマスカレーナあたりを別途だして、相手ターンでのリンク召喚を狙うといいでしょう。

他にもトークンをリリースして墓地からリンクリボーを蘇生させれば

間接的にトークン1体をリンク素材として活用する事が可能です。

またこのカード本体は問題なくリンク素材にする事が可能です。

 

リリース要員にもシンクロ素材にも

スポンサーリンク

 

リンクモンスターを複数のトークンに生成し直す事が出来る独特の性能を持ったカードであり

様々な使い方が考えられます。

例えば水晶機巧-ハリファイバーでチューナーを特殊召喚した後にこのカードに変換する事で

トークンをシンクロ素材として活用可能です。

ハリファイバー以外にも聖騎士の追想 イゾルデやRR-ワイズ・ストリクスでも

チューナーをデッキから特殊召喚すれば同様の事が可能ですし

スプラッシュ・メイジあたりで斬機ナブラ等を蘇生してもいいでしょう。

 

また単純にアドバンス召喚などのリリース要員に用いる手もあります。

LINK-2を出せればそのまま3体分のリリース要員に変える事が出来るので

SRベイゴマックスなど召喚権を使わずに2体並べる手段があれば

3体リリースのアドバンス召喚にも繋げられます。

蘇生カードなどでLINK-4を蘇生すれば一気に5体分のモンスターが並ぶので

大量にリリースを必要とするカードもぐっと使いやすくなるでしょう。

 

単純に墓地のリンクモンスターを水増しする手段としても活用できます。

トランスコード・トーカーでリンクモンスターを蘇生した後にそれを素材にこのカードを出し

アクセスコード・トーカーをリンク召喚すれば

トークンを生成した上で除去効果の発動回数を増やす事が可能です。

 

他には単純に自分方向にマーカーの無いリンクを

EXモンスターゾーンからどかす目的でも活用が可能です。

LINK-1の中でも素材の時点で独自の要素を持ったカードであり

上記で挙げた以外でも様々な使い方が考えられるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました