遊戯王カード考察:≪スプラッシュ・メイジ≫繋ぎとして最適なサイバース族用のLINK-2、マリンセスにも

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

スプラッシュ・メイジ
リンク・効果モンスター
水属性/サイバース族/攻1100/LINK-2
【リンクマーカー:右上/右下】
\ ↑
←   →
/ ↓
サイバース族モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

wiki

 

水属性サイバース族のLINK-2です。

VRAINSにおいてプレイメーカーがAi戦で使用し

その効果でシーアーカイバーを蘇生しデコード・トーカーへのリンク召喚へ繋げました。

 

城と水色を基調とするローブをまとった魔導士です。

名前の通りに両手に持った杖からスプラッシュを発射しています。

プレイメーカーは結構魔導士風の見た目のカードを使いますが

全体的に正統派なデザインの魔導士が多いんですよね。

 

極めてシンプルな蘇生効果

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:右上/右下】
サイバース族モンスター2体

リンク素材にはサイバース族モンスター2体を指定しています。

効果から考えても基本的にサイバース族デッキで活用する事になるでしょう。

 

リンクマーカーは右上と右下にそれぞれある中々他に類を見ない配置をしています。

とはいえ概ね上下のリンクマーカーとあまり変わらない使い勝手となるでしょう。

 

 

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

その効果は1ターンに1度、墓地のサイバース族を

効果無効にして守備表示で特殊召喚する蘇生効果です。

レベルなどの指定はありませんが守備表示限定となるので

リンク素材にしたモンスターの蘇生などが主となるでしょう。

シンプルに使いやすい蘇生効果であり、そのままLINK-3へと繋げられます。

 

この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

制約として効果発動後はサイバース族しか特殊召喚できない制約が発生します。

蘇生できるのもサイバース族ですし基本はサイバース族デッキで運用する事になりますが

何かしらサイバース族をメインデッキに入れておけば

それを蘇生してLINK-3のサイバースに繋げると言った事は可能です。

 

 

水属性なのもポイント

スポンサーリンク

 

サイバース族全般で使える海晶乙女コーラルアネモネといった感じのカードで

自身が素材になる効果こそないものの非常に使いやすい性能をしています。

とにかくサイバース族2体を並べる事が出来ればそのままLINK-3へスムーズに繋げられ

その際トランスコード・トーカーに繋げばこのカードを蘇生、

アクセスコード・トーカーを初めとするLINK-4まで繋げる事も可能です。

 

また水属性なので【マリンセス】で使う事も可能であり

海晶乙女シーホース1枚からブルースラッグ→手札に回収して再び特殊召喚

→シーホースでシーエンジェルリンク召喚→海晶乙女の闘海サーチ

→2体でこのカードリンク召喚→シーホース蘇生→2体でコーラルアネモネリンク召喚

→このカード蘇生と繋げる事で海晶乙女の闘海とLINK-4の海晶乙女ワンダーハートまで繋げられます。

コメント

  1. ゆうた より:

    リンクモンスターの蘇生が主となるでしょう。

    →リンクモンスターは守備で出せないぞい

タイトルとURLをコピーしました