遊戯王カード考察:≪オルターガイスト・メモリーガント≫打点を上げて2回攻撃する分かりやすい脳筋仕様

今回紹介するのはPREMIUM PACK2020よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

オルターガイスト・メモリーガント
リンク・効果モンスター
闇属性/魔法使い族/攻2800/LINK-4
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
\ ↑ /
←   →

「オルターガイスト」モンスター2体以上
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:お互いのバトルフェイズに、
自分フィールドの他のモンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターの攻撃力分このカードの攻撃力をアップする。
②:このカードが戦闘でモンスターを破壊した時に発動できる。
相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。
破壊した場合、このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。
③:このカードが破壊される場合、
代わりに自分の墓地のモンスター1体を除外できる。

wiki

 

殺戮の女神よ!悪夢の淵より顕現せよ!
リンク召喚!LINK-4!
オルターガイスト・メモリーガント!!

【オルターガイスト】の新規となる闇属性魔法使い族のLINK-4です。

VRAINSにおいてゴーストガールがロボッピ戦で使用し

バトルドローン・ジェネラルをリリースする事で5200打点にまで到達、

掃除機塊バキューネシアの戦闘破壊に繋げました。

 

金と紫を基調とし独特な6枚羽を持つオルターガイストです。

大きな鎌を持っており死神をイメージさせます。

名前の由来はコンピュータにおける情報の記憶を置くなう為の装置である「メモリ」+

ケルト神話における破壊、殺戮、戦いの勝利の女神である「モリガン」からだと思われます。

 

攻撃力アップしてモンスター破壊してさらに2回攻撃

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
「オルターガイスト」モンスター2体以上

リンク素材はオルターガイスト2体以上を指定しています。

これに加えて①の効果でモンスターをリリースする必要があるので

さらにもう1体分のモンスターを確保する手段が欲しい所です。

オルターガイスト・マテリアリゼーションで

LINK-3のオルターガイスト・プライムバンシーを蘇生するなどすれば

リンク素材を確保しやすくなるでしょう。

 

リンクマーカーは左右と斜め下2つにあるヴァレルロード配置です。

EX、メインモンスターゾーンどちらでも活用できる使いやすい配置と言えるでしょう。

 

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:お互いのバトルフェイズに、
自分フィールドの他のモンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターの攻撃力分このカードの攻撃力をアップする。

①の効果は1ターンに1度、お互いのバトルフェイズ中に

他のモンスター1体をリリースする事でそのリリースしたモンスターの攻撃力分だけ

このカードの攻撃力をアップさせるというものです。

オルターガイストの中でこのカード以外で最高攻撃力を持つのは

攻撃力2200のオルターガイスト・ドラッグウィリオンであり

リリースする事で5000打点にまで到達します。

ドラッグウィリオンはリリースされる事で自己蘇生が出来る点も含めてリリース要員として相性がいいでしょう。

またリリースするモンスターは何でもいいので

奇跡のマジック・ゲートや大捕り物などで相手モンスターを奪ってそれをリリースする手もあります。

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが戦闘でモンスターを破壊した時に発動できる。
相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。
破壊した場合、このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。

②の効果は1ターンに1度、自身がモンスターを戦闘破壊した時に

相手の場のモンスター1体を選んで破壊し、さらに追加攻撃が出来るというものです。

2回攻撃にさらに除去まで付いた優秀な効果であり状況次第では3体のモンスターを一気に撃破可能です。

①の効果で攻撃力が高まっていればそれだけ相手に大きなダメージを与える事が可能であり

直接攻撃が狙えれば1ターンキルも狙えるでしょう。

あくまで破壊しなければ追加攻撃ができない点には注意してください。

最大限に真価を発揮するには相手モンスターが2体以上いる必要があります。

 

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが破壊される場合、
代わりに自分の墓地のモンスター1体を除外できる。

③の効果は1ターンに1度、墓地のモンスター1体を除外する事で

このカードの破壊の身代わりにできるというものです。

1ターンに1度しか身代わりにできないもののフィールドに維持するのに貢献してくれます。

オルターガイスト・フィフィネラグ等で対象耐性を付与すればさらに場持ち性能が高まるでしょう。

 

 

オルターガイストに足りなかったアタッカー

スポンサーリンク

 

基本的に相手の妨害や場の制圧を重視する【オルターガイスト】としては珍しく

極めて攻撃的な性能を持った脳筋型のモンスターとなっています。

逆を言えばオルターガイストに不足しがちだった戦闘能力をカバーできる存在であり

相手の大型モンスター相手にも戦闘面で強気に出る事が可能となりました。

場を見極めれば相手モンスターを壊滅させたりライフを削りきる事も可能であり

エクストラデッキに1枚用意しておけばいざという時に非常に頼りになります。

そういう意味では実に切り札らしいカードだと言えるでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました