遊戯王カード考察≪Ai(アイ)シャドー≫除去されても美味しい非常に使いやすいコンバットトリック

スポンサーリンク

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

Aiシャドー
永続罠
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
自分フィールドの「@イグニスター」モンスター1体を対象として
このカードを発動できる。
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
対象のモンスターの攻撃力は800アップし、
攻撃可能な相手モンスターは対象のモンスターに攻撃しなければならない。
②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れ、
墓地へ送られた場合または除外された場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

wiki

 

【@イグニスター】用のサポートとなる永続罠です。

VRAINSにおいてAiがパンドール戦で使用し

トポロジック・トゥリスバエナの除去にチェーンする形で発動し

ファイアフェニックス@イグニスターに攻撃を強要させつつドローに繋げました。

アニメでは@イグニスターと戦闘を行った相手を破壊する効果もありましたが

OCGではその効果が削除された代わりに強化が永続になっています。

カード名の通りにAiがアイシャドウをつけてウインクをしています。

端的に言ってキモいです

 

 

打点をあげつつ攻撃を強制させる

スポンサーリンク

 

自分フィールドの「@イグニスター」モンスター1体を対象として
このカードを発動できる。
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
対象のモンスターの攻撃力は800アップし、
攻撃可能な相手モンスターは対象のモンスターに攻撃しなければならない。

①の効果は自分の@イグニスター1体の攻撃力を800上昇させつつ

相手モンスターにその@イグニスターによる攻撃を強要させるというものです。

エース級の@イグニスターはいずれも攻撃力が2300であり

このカードで強化する事で3100打点と3000打点越えを果たせる攻撃力が確保可能です。

特にウォーターリバイアサン@イグニスターに使うと強力で

実質的に6200打点未満まで返り討ちにする事が可能です。

特に守備表示にできないリンクモンスター相手に威力を発揮します。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れ、
墓地へ送られた場合または除外された場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

②の効果は1ターンに1度、表側表示の状態で

相手の効果によって墓地へ送られるか除外された場合にデッキから1枚ドローできるというものです。

永続罠故に除去を狙われやすいですがこの効果によって

除去をされた場合にアドバンテージ的なフォローが可能になっています。

墓地に送られた場合だけでなく除外された場合でも発動するのもポイントで

この効果を発動させずに除去する手段は風帝ライザーなど一部に限られます。

 

 

上手く決まると非常に美味しい

総じて永続的に攻撃力を上昇させられる上に攻撃強制効果までつき

さらには除去されてもドローが出来るとコンバットトリックとして非常に優秀なカードです。

エース級に使えば丁度3000打点を返り討ちにできる攻撃力を確保できるのもポイントで

相手のバトルフェイズにエースモンスターを返り討ちにしつつ

残りのうかつにも攻撃表示になっているモンスターも全て戦闘破壊できると

上手く決まれば盤面を大幅に揺るがす事が可能です。

相手が伏せカードを警戒して事前に除去をしていた場合にも

それにチェーンして発動する事でドローが出来る為アド損にはなりにくいのも優秀な点です。

 

このカードとAi打ちのおかげで

【@イグニスター】というのは思った以上に戦闘面で強いテーマとなっています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました