遊戯王カード考察:≪アクセスコード・トーカー≫プレイメーカーの最後の切り札!余裕で5000打点越える上に除去性能も高い

スポンサーリンク

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

カード説明

アクセスコード・トーカー
リンク・効果モンスター
闇属性/サイバース族/攻2300/LINK-4
【リンクマーカー:上/左/右/下】

←   →

効果モンスター2体以上
このカードの効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合、
そのリンク素材としたリンクモンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力は、そのモンスターのリンクマーカーの数×1000アップする。
②:自分のフィールド・墓地からリンクモンスター1体を除外して発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
このターン、自分の「アクセスコード・トーカー」の効果を発動するために
同じ属性のモンスターを除外する事はできない。

wiki

 

まだ見ぬ世界へ繋がる風を掴め!
リンク召喚!LINK-4!アクセスコード・トーカー!!

新たなるコード・トーカーとなる闇属性サイバース族のLINK-4です。

VRAINSにおいてプレイメーカーがAi戦で使用し

リンクスレイヤー、サイバース・ウィザード、バックアップ・セクレタリーの初期から使っていた3体と

ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルードの合計4体でリンク召喚され

その効果で攻撃力を7300まで上昇、さらに1ターンに6回もの破壊を行いました。

 

デコード・トーカーが銀と金に輝く鎧を纏ったような姿をしており

右手には巨大なランスが握られています。

 

アクセスコードとはコンピューターやネットワーク等で本人を判別する為の識別子の事で

パスワードやIDなどがそれにあたります。

召喚口上から考えると「まだ見ぬ世界へ繋がる為のキー」とも言える存在なのでしょう。

そういう意味では「到達点」であるジ・アライバル・サイバース@イグニスターとは

対称的なネーミングだと言えます。

プレイメーカーのスキル「ストームアクセス」ともかかっていると思われ

まさにコード・トーカーの切り札に相応しい名前だと言えます。

 

 

何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!破壊する

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:上/左/右/下】
効果モンスター2体以上

リンク素材には効果モンスター2体以上を指定しています。

特に特別な素材を要求されているわけでもなくLINK-4の中ではかなり出しやすい方で

効果を考えると特にLINK-3から繋げて出すのがいいでしょう。

様々なデッキでリンク召喚が可能ですが

できるだけ複数の属性のリンクモンスターを活用するデッキで出すのが望ましいです。

サイバース族であればトランスコード・トーカーをリンク召喚して

墓地のリンクを蘇生して素材を揃えるのがオススメです。

 

リンクマーカーは上下左右の4方向とファイアウォール・ドラゴンと同じ配置です。

メインモンスターゾーンに出した方がマーカー的にお得ですが

EXモンスターゾーンに出しても1つは確保できるのでそこまで気にしなくてもいいでしょう。

 

 

このカードの効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合、
そのリンク素材としたリンクモンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力は、そのモンスターのリンクマーカーの数×1000アップする。

①の効果はリンク召喚した場合に素材にしたリンク1体を指定、

その指定したリンクのマーカー数×1000自身の攻撃力を上げる自己強化効果です。

素材2体で出せるのでLINK-3を素材に自然に繋げる事が可能であり

それだけでも5300の攻撃力を確保可能です。

またこの時相手のチェーンを封じる効果があり

奈落の落とし穴や激流葬といった召喚反応系の罠を無視できます。

 

ちなみに現状で最大の攻撃力を確保できるのは

LINK-6のジ・アライバル・サイバース@イグニスターを素材にした場合で

この場合8300もの攻撃力を得る事が可能です。

さすがにロマンの領域ですがジ・アライバル・サイバースを蘇生する機会があれば

狙ってみるのもいいでしょう。

 

 

このカードの効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
②:自分のフィールド・墓地からリンクモンスター1体を除外して発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

②の効果は自分の場か墓地からリンクモンスター1体を除外する事で

相手のカード1枚を選んで破壊できるというものです。

対象を取らない破壊でありヴァレルロード・ドラゴンなどに効果的な上に

この効果に対してチェーンを作る事も封じると優秀な除去となっています。

 

このターン、自分の「アクセスコード・トーカー」の効果を発動するために
同じ属性のモンスターを除外する事はできない。

制約として同じ属性のリンクは同じターンに除外する事ができません。

逆を言えば違う属性のリンクを除外すれば1ターンに複数発動する事が可能であり

神属性を除く6属性のリンクを場か墓地に揃える事が出来れば

合計で6回もの除去を行う事が可能です。

 

この効果の発動を考えた場合出来るだけこのカードをリンク召喚する場合には

予め墓地に複数の属性のリンクを用意しておくのが理想的であり

LINK-1→LINK-2→LINK-3と繋げてこのカードを出すとより無駄がありません。

サイバース族デッキであればトランスコード・トーカーもですが

一緒に収録されるスプラッシュ・メイジも蘇生効果を持ちリンク素材として優秀です。

 

待望のLINK-4のコード・トーカー!

スポンサーリンク

 

総じて高い攻撃力と強烈な除去効果を併せ持った非常に優秀なLINK-4です。

真価を発揮するには複数の属性のリンク召喚をあらかじめ行う必要があり

かつ墓地アドバンテージの損失も激しいですが

それを踏まえてもまさに切り札に相応しいカードと言えるでしょう。

 

単純にLINK-4のモンスターとしても優秀ですが

【コード・トーカー】にとってはLINK-4のコード・トーカーである点も非常にありがたいです。

サイバネット・コーデックがあれば

LINK-2のコード・トーカー→LINK-3のコード・トーカー→このカードと

連続でサーチを行いつつ繋げられるようになりました。

必然的に違う属性のリンク召喚を連続して行っていく事になる為

②の効果も自然と発動回数を増やす事が可能です。

このカードで大量破壊した後に更に展開する事も難しくなく

潤滑油としても切り札としても大いに働いてくれるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました