遊戯王カード考察:≪終幕の光≫厄介なモンスターはあらかじめ除外しておこう

今回紹介するのはEXTRA PACK 2019よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

終幕の光
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:1000の倍数のLPを払い、
払ったLP1000につき1体、
自分の墓地の「ワルキューレ」モンスターを対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、この効果で特殊召喚したモンスターの数まで、
相手は自身の墓地から攻撃力2000以下のモンスターを選んで特殊召喚できる。

wiki

 

【ワルキューレ】のサポートとなる通常魔法です。

デュエルモンスターズにおいてジーク・ロイドが海馬瀬人戦で使用し

墓地からワルキューレ・ヴリュンヒルデを蘇生させ海馬にもグランド・ドラゴンを蘇生させました。

アニメでは光属性1体を蘇生させる効果でしたが

OCGに伴いワルキューレに限定された代わりに複数の蘇生が可能になっています。

夜空に透明なカーテンが浮かび上がりなびいています。

恐らくはオーロラを意識しており北欧神話においてオーロラは

夜空を駆けるワルキューレの甲冑として伝えられています。

 

 

 

複数のワルキューレを一気に蘇生

スポンサーリンク

 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:1000の倍数のLPを払い、
払ったLP1000につき1体、
自分の墓地の「ワルキューレ」モンスターを対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを特殊召喚する。

その効果は1ターンに1度、ライフポイントを1000の倍数払い

払ったライフポイント1000につき1種類、

墓地からワルキューレを特殊召喚するという蘇生効果です。

ワルキューレ用のソウル・チャージとも言うべき効果であり

蘇生対象が限定される代わりにバトルフェイズに制限が発生しません。

【ワルキューレ】は複数のモンスターを同時に並べる事で真価を発揮できる為

複数同時に蘇生できるこのカードの意義は大きいです。

特に特殊召喚時に効果を発揮できるワルキューレ・シグルーン、ワルキューレ・ツヴァイト、

ワルキューレ・セクストは優先的に蘇生していきたい所です。

ワルキューレの名を冠していない為ワルキューレ・エルダの②の効果を満たせない点には注意です。

 

 

その後、この効果で特殊召喚したモンスターの数まで、
相手は自身の墓地から攻撃力2000以下のモンスターを選んで特殊召喚できる。

デメリットとして相手にも攻撃力2000以下のモンスターを

このカードで蘇生したワルキューレの数まで蘇生を許してしまいます。

蘇生できるモンスターは攻撃力2000以下に限定される為

高レベルのワルキューレを出したりワルキューレ・フェンフト等で全体強化を行えば

蘇生したモンスターをすぐさま戦闘破壊する事も十分に可能ですが

状況によっては自分の首を絞める結果にもなりかねません。

 

 

これの予防策としてフライアのリンゴやワルキューレ・エルダなどで

予め相手モンスターを除外しておく事で相手の墓地からの蘇生を制限させられます。

特に耐性持ちのモンスターや破壊時に効果発動するモンスター、

あとフリーチェーンで効果を発動できるモンスターなどは蘇生されると厄介なので

これらのカードは優先的に除外しておくといいでしょう。

 

 

しっかりと相手の墓地を除外した上で発動できれば

自分だけ一方的に大量に蘇生する状況を作り出すことも可能です。

【ワルキューレ】の特色である同時展開を強力にサポートしつつ

もう1つの特色である相手モンスターの除外もしっかり活かせるというよくできたカードだと思います。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました