遊戯王カード考察:≪忍法 妖変化の術≫蘇生妨害にもなるしなんだかんだ柔軟に使えるカードです

今回紹介するのはEXTRA PACK 2019よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

忍法 妖変化の術
永続罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「忍者」モンスター1体をリリースし、
相手の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのカードが表側表示で存在する間、
「忍者」モンスターとしても扱う。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは墓地へ送られる。

wiki

 

忍者サポートとなる永続罠です。

忍者マスター SAIZOが印を結び大蛇を呼び出しています。

効果を考えると変化というよりは口寄せに近いのかもしれません。

 

 

相手モンスターを忍者扱いで蘇生

スポンサーリンク

 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「忍者」モンスター1体をリリースし、
相手の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのカードが表側表示で存在する間、
「忍者」モンスターとしても扱う。

その効果は1ターンに1度、自分の忍者1体をリリースして

相手の墓地のモンスターを忍者扱いで特殊召喚するというものです。

忍者1体をコストにする必要がありますが

忍者マスター HANZOを召喚してこのカードをサーチする事で条件を満たす事が可能です。

蘇生できるモンスターは相手に依存しますが蘇生先に制限は一切なく

リンクやシンクロなどのモンスターも奪う事が可能です。

またフリーチェーンで相手の墓地のモンスターを蘇生できるので

相手の蘇生カードにチェーンする事でそれの妨害が可能です。

 

蘇生したモンスターは忍者として扱うため隠れ里-忍法修練の地の①の条件を満たせますし

黄昏の忍者-カゲンで打点を更に伸ばすことが可能です。

機甲忍者ブレード・ハートで2回攻撃を付与する事もできるので

エース級のモンスターを奪う事ができれば美味しいです。

 

このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは墓地へ送られる。

ただフィールドから離れてしまうと蘇生したモンスターは墓地へ送られてしまいます。

このカード自身が狙われると弱いので

白竜の忍者などで耐性を付与できるならそれに越したことはありません。

逆に蘇生したモンスターがフィールドからいなくなってもこのカードは残ったままであり

黒竜の忍者やマジック・プランターなどのコストにする事が可能です。

 

 

蘇生できるモンスターは相手に依存しますが

とりあえずモンスターさえ相手の墓地にあれば蘇生できるの腐る事は少ないです。

エース級のモンスターを奪う事が出来れば万々歳ですが

そうでなくとも蘇生の妨害として使えますし

忍者扱いにする関係で各種忍法の為のリリース要員として使えるので

何を蘇生しても一定の活躍をさせる事は可能です。

自分のデッキに特定のカードを入れる必要がない事を考えれば

むしろ変化の術や超変化の術よりも柔軟性の高いカードとも言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました