遊戯王カード考察:≪王神鳥(おうしんちょう)シムルグ≫どの鳥獣族デッキでも使える効果してます

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK 3よりこのカードです。

 

 

カード説明

王神鳥シムルグ
リンク・効果モンスター
風属性/鳥獣族/攻2400/LINK-3
【リンクマーカー:左下/下/右下】
\ ↑ /
←   →
/ ↓ \
鳥獣族モンスターを含むモンスター2体以上
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク素材にできない。
①:このカード及びこのカードのリンク先の鳥獣族モンスターは相手の効果の対象にならない。
②:このカードが戦闘で破壊される場合、
代わりに自分フィールドの「シムルグ」カードを破壊できる。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
使用していない自分・相手の魔法&罠ゾーンの数以下のレベルを持つ、
鳥獣族モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する。

wiki

 

シムルグ用のリンクとなる風属性鳥獣族のLINK-3です。

黒とエメラルドグリーンが合わさったような4枚羽を持つシムルグです。

背中にあるリング状のパーツも金と黒の2種類が存在しており

烈風の覇者シムルグとダークネス・シムルグが合体したような姿となっています。

 

お互いのターンにデッキから鳥獣族を特殊召喚

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:左下/下/右下】
鳥獣族モンスターを含むモンスター2体以上
このカードはリンク素材にできない。

リンク素材はモンスター2体以上でそのうち1体に鳥獣族を指定しています。

効果から考えても鳥獣族を中心とするデッキで出す事になりますが

風属性デッキであればハーピィ・コンダクターを経由する事でもリンク召喚が可能です。

【シムルグ】では各種下級シムルグが持つ蘇生効果や

雛神鳥シムルグで召喚権を増やすなどして素材を揃えていく事になるでしょう。

 

リンクマーカーは下方向に3つあるEXモンスターゾーン向きの配置です。

①の効果に影響するのでできるだけEXモンスターゾーンに出しましょう。

勿論シンクロやエクシーズを活用するのであればEX召喚枠の確保手段としてもありがたいです。

 

 

①:このカード及びこのカードのリンク先の鳥獣族モンスターは相手の効果の対象にならない。

①の効果は自身とリンク先の鳥獣族に対象耐性を付与するというものです。

サンダー・ボルトなどには無力ですがそれでも維持に一役買ってくれます。

 

 

②:このカードが戦闘で破壊される場合、
代わりに自分フィールドの「シムルグ」カードを破壊できる。

②の効果は自分の場の他のシムルグと名の付くカードを破壊する事で

このカードが戦闘で破壊される場合の身代わりにできるというものです。

このカードの攻撃力は2400打点と結構戦闘で突破される場面は多いので

身代わりにお世話になるケースは多いでしょう。

代わりに破壊するシムルグは

繰り返し蘇生を狙えるダークネス・シムルグあたりが候補となってきます。

 

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
使用していない自分・相手の魔法&罠ゾーンの数以下のレベルを持つ、
鳥獣族モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する。

③の効果は1ターンに1度、お互いのエンドフェイズに

自分と相手の使用されていない魔法罠ゾーンの数を数え

その数の合計以下のレベルの鳥獣族を手札かデッキから特殊召喚できるというものです。

使用していないお互いの魔法罠ゾーンという非常に珍しいものを参照する効果ですが

自分が魔法罠ゾーンを使わなければ最低でも5レベルの特殊召喚が可能であり

実際に相手が魔法罠ゾーンを全て使うというケースもそうそうない為

7,8レベルぐらいの特殊召喚は十分狙っていく事が可能です。

相手ターンに怪鳥グライフを特殊召喚すればエンドサイクのような動きもできます。

 

 

鳥獣族デッキ全般で有用

スポンサーリンク

 

とにかく③の効果が強烈で自分のターンだけでも1体、

うまく維持する事が出来れば2体、3体と次々と鳥獣族を特殊召喚していけます。

【シムルグ】であれば相手の魔法罠ゾーンに空きを作るのも得意であり

烈風の覇者シムルグやダークネス・シムルグは勿論の事

神鳥の霊峰エルブルズがあれば地縛神 Aslla piscuの特殊召喚も狙えます。

 

魔法罠ゾーンの管理を深く考えずともレベル4程度の特殊召喚ぐらいは問題なく可能であり

シムルグに関係する効果は②の効果ぐらいしかない為

【シムルグ】に限らず鳥獣族全般で有用なリンクです。

特に【ブラックフェザー】や【リリカル・ルスキニア】あたりは

リンクマーカー的な意味でもお世話になるでしょう。

【レイド・ラプターズ】でも使えますが

多くのカードが「特殊召喚したターンのメインフェイズ」という発動タイミングを持つ関係で

特殊召喚がエンドフェイズというのが少し都合が悪く

素直に専用リンクのRR-ワイズ・ストリクスを使った方がいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました