遊戯王動画紹介:40枚デッキと60枚デッキ、それぞれの拘りを賭けた勝負!・・・・・・拘り賭けた?

「デッキ枚数はどれくらいがいいのか?」

過去に幾度となく議論がなされている遊戯王における永遠の課題の1つと言えるでしょう。

最低枚数による40枚こそが至高だと唱える者、

いやいや60枚デッキも強いと異議を唱える者、どちらも見かけます。

さてそんな中、40枚派と60枚派が真っ向から立ち向かうデュエルがありました。

 

 

予告(後から投稿されたけど)

【#遊戯王】40枚の覚悟と60枚の貫禄【限界決闘】

本編

【#遊戯王】60枚デッキVS 40枚デッキ【限界決闘】

「城下町デュエル」と呼ばれる様々なデュエル動画を投稿している方々であり

その中の1つに40枚派と60枚派の互いの主張をぶつけあうデュエルが存在します。

本編動画とは別に予告動画(後から投稿された)があり

40枚派と60枚派、それぞれの意気込みが紹介されています。

 

40枚派の人は「デッキは40枚じゃないとありえない」という持論を主張しており

確率論の問題で40枚でないとコンボパーツが引けないと豪語しています。

とても理に適った主張であり本人も「俺の構築論が間違っていない事を証明したい」と意気込み十分ですが

その一方で「60枚デッキに勝った事がない」という消極的な発言も・・・

何か雲行きが怪しくなってきましたね

 

さてその一方で60枚派。

自分も過去にデッキ枚数に関係する記事を書いた事があり

60枚のデッキを組む人の意見というのも個人的に興味がある所です。

カスタムロボ好きという意味でも個人的に注目度が高いです

さてこの60枚派の人はどんな構築論を掲げてくれるのか・・・

「右手光れば余裕ですよ」

 

・・・・・・この人右手光るしか言ってねぇ!?

いやもっとこうあるでしょ!60枚にする理由いろいろと!

この人あれだ!実際の所確率論では40枚デッキに理があると分かってる人だ!

というか40枚派の人も60枚に勝てないって言ってる辺りその強さ認めてる人だ!

というわけで譲らない主張をしているように見えて

その実どっちも相手の事を認めてるというツンデレ構図でした。

 

 

さて肝心のデュエルはというと

40枚派の人は【クリストロン】を軸としつつ

「40枚の方が制限カードが引きやすい」という理屈の元に

様々な制限カードを搭載したシンクロ、リンクを中心としたデッキと思われます。

制限カードを筆頭とするキーカードの引きやすさというのは

デッキ枚数を減らす意義の1つであり実に理に適ったデッキと言えるでしょう。

 

対する60枚派の人は【宝玉獣】を軸としたデッキです。

宝玉獣は究極宝玉陣を初めとする強力な効果を持ったカードがありますが

その為には7種類の宝玉獣を全てデッキに採用していなければなりません

しかし今の環境において宝玉獣は少々力不足が目立つカードであり

ありていに言うと「素で引きたくはない」カードに分類されるでしょう。

つまり他の強力なカードを多く採用して宝玉獣を直接引く確率を下げるという意味では

実はしっかりと60枚にする意義のあるデッキという事になります。

 

そんなお互いを認めつつもしっかりと自分の主張にあったデッキを組み、

そしてデュエルではお互いのデッキ枚数を散々ディスりまくるという

色々な意味で見どころ満載な面白いデュエルとなっています。

城下町デュエルでは他にも色々と面白いデュエルが紹介されているので

興味のあるかたは一通り視聴してみるといいでしょう。

 

 

※動画の著作権はそれぞれの製作者に帰属します。
もし紹介した動画に問題があるようでしたら、メールよりご連絡ください。
対処いたします。
また他の方の迷惑に繋がりますので、
紹介した動画に対して「○○から来ました」といったコメントは、
控えていただくようお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました