遊戯王カード考察:≪未界域調査報告(みかいいきちょうさほうこく)≫実はバウンスカードとしてかなり使いやすい

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2019よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

未界域調査報告/Danger! Response Team
通常魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「未界域」モンスター1体と
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
②:このカードが墓地に存在する場合、
手札から「未界域」モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードをデッキの一番下に戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

wiki

 

【未界域】用のサポートとなる通常魔法です。

負傷をしながらも帰還を果たした探検隊たちが

ツチノコの抜け殻やサンダーバードの羽毛などを持ち帰り

ユーマリア大陸における調査結果を報告しています。

報告を受けた上層部たちはみな沈痛な態度を現していますが

博士と思われる老人は持ち帰った品物に興奮気味です。

また報告をしている2人の探検隊の横で震えがっている探検隊もいます。

よほど今回の出来事が恐怖に刻み込まれてしまったのでしょう。

 

 

 

バウンスもできるし手札交換もできる

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「未界域」モンスター1体と
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

①の効果は1ターンに1度、自分の未界域1体と

フィールドのモンスター1体を手札に戻すバウンス効果です。

未界域は簡単に特殊召喚できますしフィールドに出た後は無能力になるので

バウンスする点はデメリットよりもメリットに繋がるケースの方が多いでしょう。

未界域以外のモンスターは自分、相手のモンスターどちらも選ぶことが可能であり

除去として使ってもいいですしもう1体自分のモンスターを手札に戻すのにも使えます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在する場合、
手札から「未界域」モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードをデッキの一番下に戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

②の効果は1ターンに1度、手札から未界域と名の付くモンスター1体を捨てる事で

このカードを墓地からデッキに戻し、1枚ドローするという手札交換効果です。

未界域は手札から捨てられる事で効果を発動できるカードばかりなので

それらの効果を発動しつつ1枚のドローが可能です。

①の効果を使用していればコストにする未界域を確保しつつこの効果に繋げられますし

未界域の効果でこのカードが墓地に捨てられた場合でも活用が可能です。

 

 

セルフバウンスしたいデッキに出張させる手も

【未界域】では未界域のビッグフットなどでは対処できないような

破壊耐性持ちのモンスターに対する除去手段として機能します。

また激動の未界域を発動している場合、制約によりリンク召喚などに繋げられない為

フィールドに残った未界域を手札に戻して再利用する手段としても有用です。

 

また何気にバウンスカードとして使いやすい部類であり

手札に戻す未界域さえ用意できるのであれば

タイムラグのない強制脱出装置のような使い方も可能です。

【未界域】自体が出張性の高いテーマなのもあり

手札に戻すことに意義のあるモンスターを積極的に活用するのであれば

未界域のモンスターと共に出張させてみるのも面白いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました