遊戯王カード考察:≪ドシン@(アット)イグニスター≫融合召喚の準備に最適、意外と他のサイバース族デッキでも

スポンサーリンク

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

ドシン@イグニスター
効果モンスター
星1/地属性/サイバース族/攻 100/守 800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「@イグニスター」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分の墓地のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをEXデッキに戻し、デッキから「Aiラブ融合」1枚を手札に加える。

wiki

 

イグニッション・アサルトの新テーマ、【@イグニスター】に属する

地属性サイバース族のレベル1モンスターです。

VRAINSにおいてAiがGo鬼塚戦で使用し

その効果でダークナイト@イグニスターをデッキに戻してAiラブ融合をサーチしつつ

そのままアースゴーレム@イグニスターの融合召喚へ繋げました。

アニメでは②の効果でデッキから戻すリンクは@イグニスターに限定されてましたが

OCG化に伴い戻せる対象が増え使い勝手が増しました。

 

何ていうかこう茶色い冷蔵庫に緑の棒が突き刺さったような見た目をしています。

全体的に丸っこい印象の@イグニスターの下級モンスターの中でも

1人だけ角ばってて妙に印象に残ります。

アースへの想いが込められたモンスターですが

アースだってこんなに角ばってはいなかったと思います。

 

 

緩い条件で自己展開しつつ融合魔法をサーチ

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「@イグニスター」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、自分の場に@イグニスターがいる場合に

手札から特殊召喚出来る自己展開効果です。

【@イグニスター】であれば簡単に条件を満たす事が可能であり

同じ条件で特殊召喚できるヒヤリ@イグニスターと合わせる事で

場に3体並びLINK-3に繋げる事が可能です。

特にダークナイト@イグニスターのリンク召喚に繋げる場合、

1体はイグニスターAiランドに頼らずに場にだす必要がある為

そこをフォローする要因として役立ちます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分の墓地のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをEXデッキに戻し、デッキから「Aiラブ融合」1枚を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、

墓地のサイバース族リンクをエクストラデッキに戻しつつ

デッキからAiラブ融合を手札に加えるサーチ効果です。

相手の場にリンクモンスターがいればそのままドシン@イグニスターと共に

その相手リンクを素材にしてアースゴーレム@イグニスターの融合召喚へ繋げられます。

【@イグニスター】ではイグニスターAiランドとの兼ね合いで

LINK-1を経由してからダークナイト@イグニスターのリンク召喚へ繋げる事が多く

エクストラデッキに戻すリンクを確保するのは難しくありませんし

とにかくエクストラデッキがカツカツになりやすい【@イグニスター】にとっては

使用したリンクを再利用できるのもありがたいです。

 

 

融合召喚を狙うサイバース族デッキであれば

②の効果でサーチできるAiラブ融合はサイバース族融合全般の融合カードとして使えます。

【@イグニスター】以外のデッキであれば①の効果こそ使いづらくなるものの

②の効果だけでも十分に有用であり相手がリンク召喚を行うのであれば

このカード1枚でリンクモンスターの除去をしつつ融合召喚が行えるため

このカードとAiラブ融合を出張させるだけでも機能します。

相手がリンクモンスターを出していればアースゴーレム@イグニスターに繋げるのが基本ですが

それ以外でもダイプレクサ・キマイラの融合召喚が狙えますし

このカードを素材に転生炎獣ベイルリンクスや転生炎獣アルミラージをリンク召喚すれば

もう1体リンクモンスターを並べる事で

転生炎獣ヴァイオレットキマイラの融合召喚に繋げる事も可能です。

クロック・ワイバーンと並べてサイバース・クロック・ドラゴンに繋げるのも面白いです。

 

意外と融合素材としてかなり柔軟に立ち回れるので

もし今後新たなサイバース族融合モンスターが出ればこのカードは要チェックです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました