遊戯王カード考察:≪魂のしもべ≫最大で4枚ドロー!私が引いたカードは守護神官マハードだ

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-よりこのカードです。

 

 

カード説明

魂のしもべ
速攻魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・デッキ・墓地から、
「魂のしもべ」以外の「ブラック・マジシャン」のカード名または
「ブラック・マジシャン・ガール」のカード名が記されたカード、
「ブラック・マジシャン」の内、いずれか1枚を選んでデッキの一番上に置く。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
お互いのフィールド・墓地の、「守護神官」モンスター、「ブラック・マジシャン」、
「ブラック・マジシャン・ガール」の種類の数だけ自分はデッキからドローする。

wiki

 

ブラック・マジシャン及びブラック・マジシャン・ガールのサポートとなる速攻魔法です。

ブラック・マジシャンが手をかざし攻撃をはじいています。

これは原作遊戯王における記憶編で

マハードがカーとなり王アテムを攻撃から守るシーンの再現です。

 

 

デッキトップを操作しつつ大量のドローができる

スポンサーリンク

 

①:自分の手札・デッキ・墓地から、
「魂のしもべ」以外の「ブラック・マジシャン」のカード名または
「ブラック・マジシャン・ガール」のカード名が記されたカード、
「ブラック・マジシャン」の内、いずれか1枚を選んでデッキの一番上に置く。

①の効果は手札、デッキ、墓地から同名カード以外で

「ブラック・マジシャン」か「ブラック・マジシャン・ガール」のどちらかが

効果のテキストに記されたカード、もしくはブラック・マジシャンそのものを1枚選び

デッキの一番上に置くデッキトップ操作効果です。

ちなみにブラック・マジシャン・ガール本体も上記の条件に該当するのでデッキトップに置けます。

あくまでカード単体でブラック・マジシャンかブラック・マジシャン・ガールを指定している場合であり

カテゴリを指定しているティマイオスの眼などは対象外なので注意してください。

特に守護神官マハードと相性がよく意図的にデッキトップにおける為、

次のターンドローすればそのまま特殊召喚が可能となります。

 

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
お互いのフィールド・墓地の、「守護神官」モンスター、「ブラック・マジシャン」、
「ブラック・マジシャン・ガール」の種類の数だけ自分はデッキからドローする。

②の効果は1ターンに1度、墓地から除外する事で

フィールドか墓地にあるブラック・マジシャンとブラック・マジシャン・ガール、

そして「守護神官」と名の付くモンスター(現在守護神官マハードと守護神官マナの2枚が該当)

の種類だけデッキからドローできるというものです。

最大で4枚ものドローが可能であり墓地のカードも参照にできる為、

ある程度墓地を肥やしていけばその4枚ドローも十分に狙っていく事が可能です。

 

 

地味に灰流うららをすり抜けられる

こんなにドローできるカードが弱いわけありませんね

①の効果がデッキトップ操作だけなのでこれだけだと1枚のディスアドバンテージになりますが

②の効果でそれを完璧に補っています。

①の効果ででマハードを持ってきて特殊召喚すればそれだけで1枚のドローが可能であり

マジシャンズ・ソウルズなりを使えばさらにもう1枚のドローが可能です。

このカード自体が黒の魔導陣やマジシャンズ・ロッドなどに対応しているのもありがたく

【ブラック・マジシャン】における優秀なドローソースとして機能してくれます。

あくまでデッキトップを操作するだけでサーチしているわけではないので

灰流うららに止められないというのもポイントです。

 

 

デッキトップを言い当てる事で神を特殊召喚できる真実の名と組み合わせるのも面白いでしょう。

大量のドローが狙える為オシリスの天空竜の攻撃力も確保しやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました