遊戯王カード考察:≪Aiドリング・ボーン≫フリーチェーンで完全蘇生!墓地での効果もかなりいやらしいです

スポンサーリンク

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

Aiドリング・ボーン
速攻魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「@イグニスター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。
②:モンスター同士が戦闘を行う攻撃宣言時、
墓地のこのカードと手札1枚を除外し、
自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、
「Aiドリング・ボーン」以外の「Ai」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

wiki

 

【@イグニスター】のサポートとなる速攻魔法です。

VRAINSにおいてAiがGo鬼塚戦で使用し

その効果でドシン@イグニスターを蘇生しつつ

墓地のAi打ちを手札に回収してコンバットトリックに繋げました。

 

Aiの右腕が崖を掴みつつサムズアップしています。

アイドリングとは機械や人員などをいつでも稼働させられる状態で待機させる事です。

このカードの場合リボーン(復活)ともかかっておりイラストはそちらを意識しているのでしょう。

 

 

フリーチェーンで@イグニスターを完全蘇生

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「@イグニスター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

墓地の@イグニスターを特殊召喚する蘇生効果です。

完全蘇生かつフリーチェーンで蘇生させられる優秀な効果であり

特に魔法罠をサーチできるピカリ@イグニスターや

墓地から他の@イグニスターを回収できるドヨン@イグニスターを蘇生できれば美味しいです。

これらの効果は1ターンに1度しか発動できませんが

この効果で相手ターンに蘇生させれば発動させる機会を増やす事ができます。

ウォーターリバイアサン@イグニスターも①の効果こそ使えませんが

アタッカーとして十分に活躍が可能です。

 

この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

制約として発動後はサイバース族しか特殊召喚できなくなります。

基本的にはサイバース族デッキで活用する事になりますが

相手エンドフェイズなどに発動してしまえば自分ターンにはこの制約はなくなるので

サイバース族以外のリンクやエクシーズにも繋げられます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:モンスター同士が戦闘を行う攻撃宣言時、
墓地のこのカードと手札1枚を除外し、
自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、
「Aiドリング・ボーン」以外の「Ai」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、モンスター同士の戦闘を行う攻撃宣言時に

墓地からこのカードを、手札からカード1枚をそれぞれ除外する事で

墓地か除外ゾーンにある同名カード以外の「Ai」と名の付く魔法カードを手札に加えます。

OCGにおいてAi打ちは戦闘破壊耐性を付与する為に除外しなければいけなくなっていますが

このカードが墓地だけでなく除外ゾーンのAi打ちも回収できるようになっている事で

アニメでのGo鬼塚戦での動きが再現できるようになっています。

墓地から発動する関係で公開情報になりますが

Ai打ちを回収すればその戦闘でそのまま発動する事も可能であり

墓地から発動する関係で公開情報になるもののAi打ちが墓地か除外ゾーンにいれば

それだけで相手の攻撃を大きくけん制する事が出来るでしょう。

相手がリンクモンスターを出していた場合はAiラブ融合を回収するのも手です。

 

 

そのまま墓地へ落としてしまう手も

単純に蘇生カードとしても優秀であり

【@イグニスター】における展開力を大いに助けてくれるカードです。

前述の通りAi打ちが墓地か除外ゾーンにある状態でこのカードが墓地にあれば

相手は迂闊に攻撃できなくなるのでAi打ちが既に墓地や除外ゾーンにある、

もしくは手札にあってこれから発動を狙える状態であれば

おろかな副葬などで直接墓地に落としてしまうのも1つの手でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました