遊戯王カード考察:≪戦華の雄-張徳(せんかのゆう ちょうとく)≫高い攻撃力で2回攻撃できる戦華の主力アタッカー

スポンサーリンク

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

戦華の雄-張徳
効果モンスター
星7/風属性/獣戦士族/攻2700/守 900
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「戦華」モンスターが2体以上存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードの攻撃力は自分ターンの間、
相手フィールドのモンスターの数×300アップする。
③:相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合に発動できる。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

イグニッション・アサルトの新テーマ【戦華】に属する

風属性獣戦士族のレベル7モンスターです。

どっしりと構えた立派なヒゲの筋肉モリモリマッチョマンの武将です。

左手に持った矛は「蛇矛(だぼう)」と呼ばれ

フランベルジュのように傷口が酷くなりやすく回復を遅らせる効果があります。

 

モチーフは三国志における蜀の武将「張飛益德(ちょうひえんとく)」でしょう。

元々は肉屋でしたが劉備と出会い関羽と共に桃園の誓いで義兄弟となりました。

かの関羽ですら「武勇ならば自分よりも強い」と言わしめる猛将で

長坂の戦いでは1つを残して橋を全て落とした後に残った橋で殿を務め

大群相手にも拘わらず敵に近づく事すら許しませんでした。

 

相手が多いほど強くなる!

スポンサーリンク

 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「戦華」モンスターが2体以上存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、場に戦華モンスターが2体以上存在する場合に

手札から特殊召喚できる自己展開効果です。

相手の場にモンスターがいない時に特殊召喚できる戦華の義-関雲の対のような効果であり

関雲→劉玄→張徳の順番で場に出す事で桃園を誓えるようにデザインされています。

他の戦華を特殊召喚できる劉玄を使えば条件を満たすのは難しくないでしょう。

 

②:このカードの攻撃力は自分ターンの間、
相手フィールドのモンスターの数×300アップする。

②の効果は自分ターンの間、

自身の攻撃力を相手の場のモンスターの数×300アップさせる自己強化です。

元々の攻撃力も2700と高く

相手の場に1体でもいれば3000打点に到達します。

 

 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合に発動できる。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

③の効果は1ターンに1度、「自分モンスターの数<相手モンスターの数」の場合に

2回までモンスターに攻撃できる連続攻撃効果です。

発動条件を満たせるのであれば最低でも2体は敵モンスターがいるはずなので

②の効果と合わせて最低3300打点での2回攻撃が可能となります。

 

ただ①の効果とは噛み合わせが悪くこの場合相手の場に4体以上いなければ効果を発揮できません。

この効果の発動を狙うのであれば劉玄の効果で劉玄自身をリリースしてこのカードを出すなど

自分の場のモンスターを少なくする工夫をするといいでしょう。

逆におジャマトリオなどで相手の場のモンスターを水増しする手もあります。

 

 

戦華におけるアタッカー担当

【戦華】の中でも最大の攻撃力を誇るまさにアタッカー担当です。

①と③の効果はかみ合わせが悪いですが前述の通り劉玄でデッキから特殊召喚できるので

自分のモンスターが少ない場合には③の効果で一騎当千のアタッカーとして、

逆にモンスターが多い場合には①の効果で自己展開しつつ

戦華史略-孫劉同盟からの全体強化で一斉攻撃する切り込み役として柔軟な活躍をしてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました