遊戯王カード考察:≪メガリス・アラトロン≫メガリス儀式モンスターの中でも特に出張させやすい

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

メガリス・アラトロン
儀式・効果モンスター
星8/地属性/岩石族/攻2000/守3000
「メガリス」カードにより降臨。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、このカードを手札から捨てて発動できる。
レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
②:自分フィールドのカードを対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。
自分の墓地から儀式モンスター1体を選んでデッキの一番下に戻し、
その発動を無効にし破壊する。

wiki

 

イグニッション・アサルトの新テーマ、【メガリス】に属する

地属性岩石族のレベル8儀式モンスターです。

正八角形のコマから4つの龍の頭と尻尾が、

そして天使と悪魔を主焦る翼が伸びています。

恐らくはメガリス・オクが昇格した姿だと思われます。

 

アラトロンとは土星を司るオリンピアの天使の1体で

動物や植物を石に変える、人を不可視にするなど様々な力を持っていると言われています。

 

 

儀式モンスターをデッキに戻して相手の効果を無効

スポンサーリンク

 

「メガリス」カードにより降臨。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、このカードを手札から捨てて発動できる。
レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

①の効果は1ターンに1度、お互いのメインフェイズに手札から捨てる事で

手札かフィールドから儀式召喚の為の生贄をリリースして

メガリス儀式モンスターを儀式召喚するというものです。

レベル8のメガリスが共通で持つ儀式魔法を内包した効果ですが

このカードはファレクやベトールと違い相手ターンでの儀式召喚が可能となっています。

特にベトールは儀式召喚時に相手のカードを除去できる関係で

相手ターンに儀式召喚するメリットが大きい為、

積極的にこの効果で相手ターンでの儀式召喚を狙いたい所です。

 

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドのカードを対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。
自分の墓地から儀式モンスター1体を選んでデッキの一番下に戻し、
その発動を無効にし破壊する。

②の効果は1ターンに1度、自分の場のカードを対象に相手が効果を発動した時に

墓地の儀式モンスターをデッキの一番下に戻す事で

その発動を無効にして破壊するというものです。

ファレクやベトールの効果が墓地の儀式モンスターが多いほど効果を発揮する関係で

それらとのかみ合わせに気を付ける必要こそあるものの

飛躍的に場のカードの場持ち性能を高めてくれます。

何だかんだで対象に取る除去は多いので無駄にはなりにくいでしょう。

 

 

他の儀式デッキに出張させてみるのも

【メガリス】ではメガリス・オクと並んで

相手ターンに儀式召喚を行えるのが大きなポイントです。

前述の通りメガリス・ベトールを相手ターンに出したい場合には

何かとこのカードのお世話になるでしょう。

 

同じレベル8のメガリスであるファレクやベトールと違って

効果が墓地の儀式モンスターの種類に比例して強くなる類ではありません。

1体でも儀式モンスターが墓地にいれば効果を発動できるので

ある程度儀式召喚を行うデッキでこのカードの儀式召喚も狙えるのであれば

充分に採用が可能です。

むしろ効果を使うとファレクやベトールの効果が弱体化してしまうので

他の儀式デッキの方が②の効果を活かしやすいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました