遊戯王カード考察:≪達磨落師(だるまおとし)≫エクシーズ素材を肩代わり、色々とやれる事があります

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

達磨落師
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻 700/守1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:自分フィールドのXモンスターがX素材を取り除いて効果を発動する場合、
取り除くX素材1つの代わりに墓地のこのカードを除外できる。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには使用できない。

wiki

 

地属性戦士族のレベル4モンスターです。

筋肉モリモリマッチョマンの黒い僧侶が

だるま落としに対してハンマーで渾身の一撃をぶつけています。

達磨の由来はインド人の仏教僧である「ボーディダルマ」から来ており

このカードはそちらを強く意識しているのだと思われます。

 

墓地でオーバーレイユニットの代わりに

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

①の効果は1ターンに1度、

自分の場に存在しているオーバーレイユニットを1つ取り除く事で

相手モンスター1体の攻撃力をそのターンの間0にするというものです。

こちらから攻撃してモンスターに大ダメージを与えるのは勿論、

フリーチェーンで発動可能であり相手の攻撃を大きく抑止する事が可能です。

相手バトルフェイズにこのカードを強化蘇生などで蘇生させればかなりいやらしいでしょう。

 

また1ターンに1つしかオーバーレイユニットを使用できないエクシーズも

素早く2回消費させられるようになる為、

エクシーズ素材を墓地へ送りたい場合や

闇属性エクシーズの素材を使い切らせてRUM-幻影騎士団ラウンチを使いたい場合にも重宝します。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドのXモンスターがX素材を取り除いて効果を発動する場合、
取り除くX素材1つの代わりに墓地のこのカードを除外できる。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには使用できない。

②の効果は1ターンに1度、

自分の場のエクシーズがオーバーレイユニットを取り除いて効果を発動する場合、

このカードを墓地から除外する事でその素材1つの代わりになれるというものです。

特に1ターンにおける発動制限がないエクシーズと相性がよく

例えばCNo.80 葬装覇王レクイエム・イン・バーサークであれば

合計4枚もの除外を行う事が可能です。

他にもランク8以上の闇属性エクシーズを素材を2体残したまま効果を発動して

その後にNo.84 ペイン・ゲイナーに繋げるといった芸当も可能になります。

 

 

デッキに応じて使い分けよう

①の効果と②の効果、それぞれで相性のいいエクシーズが変わってくるので

あらかじめどちらの効果を主軸にするかで運用を考えておくといいでしょう。

①の効果を主軸にする場合、エクシーズとは別にこのカードを出す必要があるので

ある程度展開力に長けたデッキが求められてくるでしょう。

 

②の効果を主軸にする場合には逆にこのカードを効率よく墓地へ送る方法が必要です。

マスマティシャンなどで直接デッキから墓地へ送ってもいいですし

ランク4のエクシーズ素材やリンク素材にするなどして間接的に墓地へ送ってもいいでしょう。

墓地へ送ったターンには効果を発動できない点には気を付けておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました