遊戯王カード考察:≪マジスタリー・アルケミスト≫さあどうやって墓地に4属性揃えよう?

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

マジスタリー・アルケミスト
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「HERO」モンスター4体を除外し、
自分の墓地の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する。
「地」「水」「炎」「風」の全ての属性を除外して発動した場合には、
この効果で特殊召喚したモンスターの元々の攻撃力は倍になり、
相手フィールドの全ての表側表示のカードの効果は無効化される。

wiki

 

HERO用のサポートとなる通常罠です。

E・HEROエリクシーラーが賢者の石 サハティエによって作り出した薙刀で

幻魔皇ラビエルに切りかかろうとしています。

十代VS影丸のトドメのシーンを再現したイラストとなっています。

 

マジスタリーとは「賢者の石」の事であり

錬金術において石を金に変える、人を不老不死にする力を秘めた触媒と言われており

錬金術におけるチートアイテムの象徴的な存在です。

 

 

 

4属性を除外すれば攻撃力倍で蘇生

スポンサーリンク

 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「HERO」モンスター4体を除外し、
自分の墓地の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する。
その効果は1ターンに1度、
墓地かフィールドからHERO4体を除外する事で

墓地のHEROを召喚条件無視で特殊召喚するというものです。

召喚条件を無視できる為融合召喚でしか出せないHEROなども蘇生可能ですが

蘇生制限は無視できない点には注意してください。

例えばネオス・フュージョンで特殊召喚したモンスターは蘇生できません。

 

 

「地」「水」「炎」「風」の全ての属性を除外して発動した場合には、
この効果で特殊召喚したモンスターの元々の攻撃力は倍になり、
相手フィールドの全ての表側表示のカードの効果は無効化される。

そしてこの際、地、水、風、炎の4属性のモンスターを除外した場合は

相手の場のカード効果を全て無効にしつつ

この効果で蘇生したHEROの元々の攻撃力を倍できます。

ただ単にモンスターを蘇生するだけだと墓地コストが大きい為

出来る限りこちらの条件を満たせる形で蘇生したい所です。

特にE・HEROワイルド・ジャギーマンを条件を満たして蘇生できれば

攻撃力5200で相手モンスター全体に攻撃が可能となり強烈です。

M・HEROアシッドも相手の魔法罠を全て破壊した上で

相手を弱体化させつつ殴れるので中々有用です。

 

 

ザボルグに頼る?

HERO全般を蘇生可能ですが4属性を墓地に揃えるとなれば

属性のばらけている【エレメンタルヒーロー】での運用が基本となるでしょう。

問題はいかに墓地に4属性のHEROを揃えるかになるでしょう。

手っ取り早いのは轟雷帝ザボルグで該当する属性のHEROを

エクストラデッキから墓地へ落としてしまう事ですが

ただでさえカツカツなEXデッキを余計に消耗してしまう為

大欲な壺などでEXデッキに戻す手段を確保しておくといいでしょう。

 

普通に条件を満たすのであれば

それぞれの属性のHEROを採用し積極的に運用していく事になります。

風属性のE・HEROエアーマンや水属性のE・HEROバブルマンや

普通に採用しやすいカードである為この2属性の問題は少ないでしょう。

炎属性もE・HEROブレイズマンが融合をサーチできる上に

デッキからHEROを墓地へ送れる為

このカードの条件を満たす為にも何かと都合がいいです。

あとは地属性ですが

他のHEROを展開できるE・HEROソリッドマンあたりがオススメです。

通常モンスターを積極的に活用していくスタイルであれば

E・HEROクレイマンあたりもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました