遊戯王カード考察:≪エルシャドール・アプカローネ≫マインドオーガスがシャドール化!フリーチェーンで出すといやらしい

スポンサーリンク

今回紹介するのはストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドールよりこのカードです。

 

 

カード説明

エルシャドール・アプカローネ
融合・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
属性が異なる「シャドール」モンスター×2
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果を無効にする。
②:このカードは戦闘では破壊されない。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「シャドール」カード1枚を選んで手札に加える。
その後、手札を1枚選んで捨てる。

wiki

 

シャドールの新規となる闇属性魔法使い族のレベル6融合モンスターです。

エルシャドール・ミドラーシュに続く闇属性の融合モンスターですね。

イビリチュア・マインドオーガスが人形となったような姿をしています。

レベルや攻撃力、守備力などはマインドオーガスと同じですが

属性が水から闇、種族が水族から魔法使い族になっています。

杖からはまるで糸のような光が伸びており

他のシャドールと違い「操られるもの」ではなく「操るもの」という印象を与えます。

名前の由来はメソポタミア神話における7賢人「アプカル」と

座天使を意味する「スローネ」からでしょうか。

 

 

特殊召喚時にカードの効果を無効

スポンサーリンク

 

属性が異なる「シャドール」モンスター×2
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。

融合素材には属性の違うシャドール2体を指定しています。

メインデッキに入る闇属性以外のシャドールは

現在一緒に収録された影依の巫女 エリアルのみであり

基本的には影依の巫女 エリアルを素材にして融合召喚を狙う事になるでしょう。

シャドールを指定しているので他のシャドール融合モンスターのように

超融合で相手モンスターを素材に・・・というのは中々難しいです。

 

 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果を無効にする。

①の効果は1ターンに1度、特殊召喚した場合に

表側表示のカード1枚を無効にするというものです。

永続的に無効にできるので特に厄介な効果を持つエースモンスターや

フィールド魔法あたりを無効にできれば美味しいです。

 

 

②:このカードは戦闘では破壊されない。

②の効果は戦闘破壊耐性です。

攻撃力2500は割と突破されやすい数値なので

戦闘で破壊されないのは結構場持ちの良さに関わってきます。

とはいえ③の効果を考えると逆に自爆特攻できないデメリットにもなり得ます。

 

 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「シャドール」カード1枚を選んで手札に加える。
その後、手札を1枚選んで捨てる。

③の効果は1ターンに1度、墓地へ送られた場合に

デッキか墓地からシャドールをを手札に加え、その後手札を1枚捨てる手札交換効果です。

墓地へ送られた時に発動するのは他のシャドール融合と共通ですが

手札を捨てる必要が出来た代わりにモンスターのシャドールも手札に持ってこれるようになり

また墓地からだけでなくデッキからもサーチ可能になっています。

これにより間接的に「デッキからシャドールを墓地へ送る」効果としても機能し

各種シャドールの墓地へ送られた際に発動する効果のトリガーとして機能します。

墓地のシャドールを手札に戻してまた墓地へ送って効果発動、なんて芸当も可能です。

 

 

どうせなら相手ターンでの特殊召喚を狙ってみよう

相手の蘇生効果持ちのモンスター等が出たのに合わせてこのカードを特殊召喚する事で

相手の展開の妨害としても機能するので

フリーチェーンでこのカードを特殊召喚出来る手段があればより機能してくれます。

神の写し身との接触で融合召喚を狙ってもいいですし

一度融合召喚して墓地へ送られた後に

フリーチェーンの蘇生カードを活用するのもいいでしょう。

③の効果も合わせれば間接的な墓地肥やしとしても機能するので

蘇生させるメリットの多いカードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました