遊戯王カード考察:≪マジシャンズ・コンビネーション≫1枚でもやばいけど複数枚並べるともっとやばい

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

マジシャンズ・コンビネーション
永続罠
①:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
自分フィールドの、「ブラック・マジシャン」または
「ブラック・マジシャン・ガール」1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターとはカード名が異なる
「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を、
自分の手札・墓地から選んで特殊召喚し、その発動した効果を無効にする。
②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

wiki

 

ブラック・マジシャン、及びブラック・マジシャン・ガールのサポートとなる永続罠です。

ブラック・マジシャンとブラック・マジシャン・ガールの師弟が並び

ディメンション・マジックや魔術の呪文書、魔法の筒など

様々な魔法罠が並んでいます。

 

 

師匠と弟子を入れ替えて何度も相手のカードを無効にする

スポンサーリンク

 

①:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
自分フィールドの、「ブラック・マジシャン」または
「ブラック・マジシャン・ガール」1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターとはカード名が異なる
「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を、
自分の手札・墓地から選んで特殊召喚し、その発動した効果を無効にする。

①の効果は1ターンに1度、モンスター効果、魔法罠のいずれかが発動した時に

ブラック・マジシャンとブラック・マジシャン・ガールのどちらか片方をリリースする事で

そのもう片方を手札か墓地から特殊召喚しつつ発動した効果を無効にします。

リリース要員こそ必要なもののまたすぐにモンスターを蘇生できる上に

カードの種類を問わずに無効にできるという非常に強烈な妨害効果となっています。

永続罠故に毎ターン繰り返し使う事が可能であり

この効果自体が自身を除去から守るのにも機能してくれるでしょう。

あくまで無効にするだけで破壊はしない点には注意です。

 

 

②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

②の効果は表側表示で存在している状態で墓地へ送られた場合に

フィールドのカードを1枚選んで破壊できるというものです。

相手からすれば繰り返し無効にしてくるこのカードは一刻も早く除去したい所ですが

仮に破壊してもこの効果で最後の嫌がらせが可能になっています。

しかも①の条件を満たしていれば1回は効果を無効にできているはずなので

多くの場面においてアド勝ちしやすいようになっています。

 

 

複数枚並べれば個別に使えます

ブラック・マジシャンとブラック・マジシャン・ガールを

セットで使わせようとしているカードが結構増えてきていますが

このカードはその中でも最たるものだと言えるでしょう。

モンスター効果や魔法罠などの種類を問わずに無効にできる上に

それが毎ターン使えるというのだから相手からすればたまったものじゃありません。

「ブラック・マジシャン」の名前がテキストに存在している為

マジシャンズ・ロッドや黒魔術の継承でサーチできるのもポイントです。

 

また複数枚このカードがあればそれぞれの効果を発動する事も可能です。

コストの方も共有できるので発動条件を満たした上で3枚並べる事が出来れば

1ターンに好きな効果を3つ無効できるという凄まじい状況が発生します。

前述の様にこのカードサーチが出来るので

上手くフィールドに維持する事が出来れば本当に狙えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました